マーケティング

ライブコマースの需要

ライブコマースとはECサイトとライブ配信を組み合わせた販売形式のことです。感染症拡大の影響もあり、注目を集め始めているライブコマース。
今回はライブコマースについてお話していきます。

ライブコマースの過去


2017年頃、中国でライブコマースが流行。
いち早く察知した企業が、2017年頃からライブコマースのサービスを開始。
しかし、当時ライブコマースのサービスを提供していた企業は、2021年現代ではそのサービスを廃止しているところがいくつか見られました。

ライブコマースサービス廃止の過去から、日本のライブコマース市場は伸び悩むのではないかという意見も見受けられました。

なぜ、中国で流行していたライブコマースが流行らなかったのか。
なぜ、2021年現代でライブコマースに注目が集まり始めているのかを考察してみました。

日本のITインフラは世界に比べて遅れをとる傾向があります。

2017年当時、日本のインフラ事情は世界から遅れをとっており、中国ほどインフラ環境の整備が追いついていませんでした。
そのため通信関係で不備があり、消費者と配信者のフラストレーションが溜まって流行に至らず廃止されたのではないかと考えられます。

 

なぜライブコマース需要が高まっているのか


しかし、2021年の日本では5Gが普及してきたこともあり、過去に比べてライブを配信するためのインフラ環境はかなり整ってきました。

そして、感染症拡大の影響によりオンラインショッピングの需要が高まっています。
オンラインのデメリットととして、お客様ともコミュニケーションがオフラインに比べて取りづらいといったことがあげられます。

そのデメリットをカバーできる方法が「ライブコマース」です。

ショップ店員さんがその場でお客様の質問に答えたり、インフルエンサーさんがファンとお話するように、時間を共有することができます。
それに伴い、オンラインでも消費者の方との距離感を縮めることができるライブコマースの需要も高まるのではないかと考えられています。

 

ライブコマースのサービス


次に、ライブコマースのサービスをご紹介いたします。

SHOPROOM

ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」
様々なジャンルのパフォーマーによるライブ配信により、夢中で誰かを応援するという新しい視聴体験を創出しています。2020年には、会員登録者数が400万人を突破。また、VR/AR など最新技術を活用した各種プロダクト・サービス開発も展開しています。

https://showroom.co.jp/

Live Shop!

Live Shop!は、モデルやインフルエンサーといった出演者がライブ配信でオススメのファッションやメイクなどを紹介し、気になったアイテムを視聴者がその場で購入できます。
また、法人向けアカウントの利用料無料化し、企業がライブコマースを取り入れる敷居を低くしてサービスを提供しています。

https://liveshop.jp/

ライブTV

「au PAY マーケット」アプリのライブコマースサービス「ライブTV」は、「お買い物を楽しく」をコンセプトにしています。各商品ジャンル担当の出演者が生放送でおすすめの商品を、実演を交えながら紹介するライブ配信サービスです。
利用可能端末はスマホのみ。

https://wowma.jp/event/live-tv/special02.html

HandsUP

17LIVE(イチナナライブ)は全世界でも4,500万人のユーザーを抱える国内シェアNo.1のライブコマースサービスで、ライブ配信者は17,000名を突破しており、日本だけでなく世界とつながれるのが特徴です。
17LIVEと連携できるため高い集客力を期待できます。

https://handsup.shop/home_ja.html

Instagram

若者に限らず幅広い年齢層からメインSNSとして親しまれているInstagram。元々視覚コンテンツを主体としており、ライブコマースとの相性のよいプラットフォームです。
ライブ配信をアーカイブ化してIGTVに残せば、ショッピングタグを利用して直接動画から購入を促すことができます。

https://business.instagram.com/

【関連記事】
ECサイト誘導に適したInstagramのショッピング機能
Instagramショッピング機能の利用方法

Facebook

2020年5月、Facebook上でかんたんにオンラインショップを開設できるサービス、「Facebook Shops」のリリースが開始されました。その中の一機能として、ライブコマースにも対応できるようになっています。

https://www.facebook.com/business/help/880609949031868

livekit

ライブ配信およびアーカイブ視聴ページをLive kitで生成し、自社サイトでライブ配信が可能です。インフルエンサーの紹介サービスなども行っています。
(ライブ配信及びアーカイブ視聴ページを作成)

https://www.livekit.jp/

Firework

サイトにショート動画を組み込むことができるSNSアプリケーション。
今後ライブコマース機能搭載予定です。
自社サイトでライブ配信を行うことができ、FacebookなどのSNSで同時配信が可能の予定です。


自社サイトでライブ配信を行うことができると、事前告知した際にSNSアカウントを共有しなくても会社名を検索してもらうだけでライブ配信を見てもらうことができます。
また、配信アプリでのライブ配信と違い自社ECが配信会場なので、他の商品も同時に見てもらう機会を設けることができます。

https://firework.tv/jp/

【Firework関連記事】
Fireworkの個人向け機能とビジネス向け機能
Firework動画をWebサイトへ組み込む方法
Firework動画をWebサイトへ組み込む方法 Part2

まとめ


今回はライブコマースの需要についてお話していきました。
世界で感染症拡大したことによりオンラインの需要が急激に高まりました。
今までとは違う売り方として、ライブコマースを取り入れてみてはいかがでしょうか。


RefineはECのチカラで 『時間を作り出す価値』を提供します。
Fireworkとパートナーシップも締結しており、動画を組み込んだECサイトの提案や様々なカスタマイズにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

ピックアップ記事

  1. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  2. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  3. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. マーケティング

    SNS時代の購買モデル“ULSSAS”

    SNSの利用者数の増加に伴い、消費行動にも変化が起きています。以前、…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの準備〜プロダクト利用インターバル編〜

    自社製品やECサイトなどのリテンションを測定する上で、特に重要な要素の…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    新規ユーザー維持の秘訣〜ユーザー体験はデートと同じ!?〜

    ECサイトの広告の最適化もバッチリ、ページも最適化されて新規ユーザー獲…

  4. マーケティング

    EC企業におけるDXのビジネスモデル

    前回EC業界でDX(デジタルにおける変容)を実現するための市場とデ…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    休眠ユーザーの復帰率を向上させるために必要な2つのこと

    休眠ユーザーの復帰率を向上させるためには、適切なトリガー(きっかけ)を…

  6. マーケティング

    リテンション向上させる戦略と製品管理

    新規ユーザーのリテンション向上には、計画的な戦略が不可欠です。しかし、…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  2. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  3. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  4. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  5. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
PAGE TOP