EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

リテンションマーケティングの準備〜プロダクト利用インターバル編〜

自社製品やECサイトなどのリテンションを測定する上で、特に重要な要素の一つが「プロダクト利用インターバル」です。
製品やサービスの内容によって、ユーザーが製品に戻ってくる頻度は大きく異なります。これを「プロダクト利用インターバル」と言います。
そして、このインターバルを適切に把握することは、正確なリテンション測定において欠かせないステップとなります。

今回は、なぜプロダクト利用インターバルが重要なのか、そしてどのようにして正確なリテンションを算出するかに焦点を当ててみましょう。

リテンションマーケティングの準備「クリティカルイベント編」は過去記事をご覧ください。

プロダクト利用インターバルの把握

「プロダクト利用インターバル」は、リテンションに直結する大きな影響を持っています。正確に算出していないと、誤った基準でリテンションを測定してしまう可能性が高まります。
これを避けるためには、製品やサービスがどの程度の頻度で利用されているのかを把握することが重要です。

例えば、毎日使用されるSNSやゲームと、数週間に1度しか利用されないオンデマンドサービスなどがあります。これらの違いが、ユーザーの利用行動に大きな影響を与えます。

なぜプロダクト利用インターバルがリテンションに重要なのか?

具体的な理解のために、宅配サービスで考えてみましょう。宅配サービスは毎日利用されるというよりも、数週間に1度の頻度で利用される場合が多いと考えられます。

この宅配サービスを日単位で測定すると以下のようになります。

日単位でリテンションを測定すると、初日の利用者が激減し、その後はほとんど戻ってこない様子が見受けられます。
なぜならば、ほとんどのユーザーは宅配サービスを毎日利用するわけではないため、日単位でリテンションを測定してしまうと、どうしても低い結果となってしまいます。

次に、1週間単位でリテンションを見てみましょう。つまり、1日目から7日目、8日目から14日目、15日目から21日目などの期間中にいつでも戻ってきたユーザーの割合を緑色で示しています。

1日ごとのリテンションに比べ、週ごとのリテンションは、実際の宅配サービスの稼働状況を確認するのに、より有効な数値となっており、これが日ごとのリテンションよりも実態に即した数値となります。

リテンション・ライフサイクルの全段階にわたってユーザーのリテンションを正確に計算するには、まず、ユーザーが製品に戻ってくる頻度を見極める必要があります。
これにより、リテンションの誤った解釈を避け、より効果的な改善戦略を立てることができます。

まとめ

製品の特性や利用パターンに応じてプロダクト利用インターバルを見極めることは、リテンション測定の正確性に直結します。

単純に日ごとのリテンションだけでなく、週ごとや月ごとのパターンも考慮することで、ユーザーが製品にどのように関わっているかを正確に把握できます。これにより、リテンションの効果的な改善戦略を展開し、ユーザーのサイクル全体で製品に忠誠心を築くことが可能です。

プロダクト利用インターバルを理解し、正確なリテンションを算出することで、製品の成功に寄与することが期待できるでしょう。

 

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  4. ファネル分析で ECサイトの売上アップ

関連記事

  1. マーケティング

    顧客体験を向上させてロイヤルカスタマーを増やす

    前回の記事では、ロイヤルカスタマーの育成の鍵となる習慣形成を促す要因を…

  2. ECサイト

    Meta広告のAIツールと機能を紹介!

    Meta広告とは、Facebook、Instagram、Messeng…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ペルソナマーケティングでユーザー理解を深める

    マーケティング手法の一つである「ペルソナ分析」というものをご存知でしょ…

  4. マーケティング

    PLGのチーム編成に必須のスキル解説!成功の秘訣とは?

    プロダクトレッドグロース(PLG)は、ビジネスの成長戦略として多くの企…

  5. マーケティング

    PLGを活用する上での注意点!カスタマーサクセスの必要性

    プロダクトを中心に成長する戦略、プロダクトレッドグロース(Produc…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    実例で学ぶリテンション向上の施策|Amplitude Compassの活用方法

    新規ユーザーのオンボーディングが成功したら、次なるステップはユーザーに…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  3. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  4. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  5. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
PAGE TOP