マーケティング

 

復帰ユーザーのリテンションに注目する

近年様々な企業が行なっている「リテンション分析」。今回は、一度プロダクトやサービスから離れてしまったユーザーと、離れたものの帰ってきたユーザーの、所謂「休眠ユーザー」と「復帰ユーザー」に焦点を当てます。
休眠ユーザーをリテンションさせて、サービスやプロダクトに復帰させることで、効率的に顧客を増やすことができます。
今回は、その重要性と成功実例をご紹介いたします。

復帰ユーザーのリテンションの重要性

復帰ユーザーのリテンションは、企業の成長において極めて重要な要素です。なぜなら、復帰ユーザーは既に製品やサービスに関心を持ち、利用経験があるためです。復帰ユーザーは、以前に製品やサービスに興味を示し、その価値を認識していた人々です。したがって、彼らを再び取り込むことは、新規ユーザーを獲得するよりもコストが低く、また効率的です。

復帰ユーザーは、製品やサービスに再び興味を持つ可能性が高いため、企業にとって大きなメリットがあります。これらのユーザーは、製品やサービスに対する理解があり、使用方法を既に知っているため、再び活性化させるのは比較的容易と考えられます。また、復帰ユーザーのリテンションを確保することは、競争力のある市場での企業の成長と持続性を確保するために不可欠です。そのため、彼らのニーズに合った適切なリテンション戦略を実行することが重要なのです。

事例 | オンデマンドデリバリー企業の事例

オンデマンドデリバリー企業の事例を見てみましょう。

上記のリテンションカーブは、復活ユーザーの重要性を端的に示しています。復帰ユーザーのリテンションは、既存ユーザーに比べて明らかに高く、これは彼らが製品やサービスに再び興味を持っていることを意味しています。復帰ユーザーは以前に製品やサービスに接触しており、その価値を認識しているため、再び利用する可能性が高いのです。

さらに興味深いのは、特定のイベントである「チェックアウト」を復帰イベントとして設定した場合のデータです。この場合、復帰したユーザーは注文率が高くなる傾向があります。つまり、彼らは再び製品やサービスを利用し、注文を行う可能性が高いのです。

この事例からわかるように、復帰ユーザーのリテンションは企業にとって非常に重要です。彼らは以前に製品やサービスに接触しており、その価値を理解しているため、再び顧客として取り込むことが比較的容易です。復帰ユーザーのリテンションを確保することは、企業の成長戦略において重要な一環となります。

リテンションの低下:その原因と対策

製品やサービスが復帰ユーザーに対して価値を提供できていない場合、リテンションが低下する可能性があります。これは、ユーザーが再エンゲージメントを選択せず、製品やサービスから離れる結果となります。しかし、このような状況に対処する方法があります。

まず第一に、製品やサービスの価値を明確に伝えることが重要です。ユーザーが製品やサービスの利点や特長を理解し、その価値を実感できるようにすることが必要です。これにより、ユーザーは再び製品やサービスに興味を持ち、利用する可能性が高まります。

さらに、特典や割引などのプロモーションを提供することも有効です。特典や割引は、ユーザーに対して追加の価値を提供し、彼らの関心を引き付けることができます。特典や割引は、復帰ユーザーが製品やサービスに戻ってくる動機付けとなります。

復帰ユーザーを大切にし、彼らの期待に応えることは、企業の成長にとって不可欠です。リテンションの低下を防ぐために、製品やサービスの価値を明確に伝え、特典や割引などのプロモーションを提供することが重要です。これにより、復帰ユーザーが製品やサービスに再び興味を持ち、企業の成長を促進することができます。

まとめ

復帰ユーザーのリテンションは、企業の収益と成長に直結します。製品価値を示すことが重要であり、それによって復活ユーザーの注文率や保持率が向上します。チームは、復活ユーザーのリテンション向上に努める価値を理解し、戦略的に取り組むことが求められます。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  4. ファネル分析で ECサイトの売上アップ

関連記事

  1. マーケティング

    新規顧客を維持する!オンボーディングとバリューディスカバリー

    新規顧客の獲得は大きな一歩ですが、維持こそが成長の鍵です。従来から…

  2. マーケティング

    ECでも使える!休眠ユーザーを掘り起こすアプローチとは

    広告等から新規顧客を獲得したけれど、コストに対して売上があがっていない…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リピーター獲得のためのアプローチ|実践編

    新規ユーザーをリピーターにするためには、オンボーディングフェーズと、バ…

  4. マーケティング

    SNS時代の購買モデル“ULSSAS”

    SNSの利用者数の増加に伴い、消費行動にも変化が起きています。以前、…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ペルソナマーケティングでユーザー理解を深める

    マーケティング手法の一つである「ペルソナ分析」というものをご存知でしょ…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  2. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  3. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  4. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  5. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
PAGE TOP