マーケティング

 

ECサイトの売上向上には「復帰ユーザー」が重要!

ECサイトの売上向上に欠かせないのは、復帰ユーザーのリテンション率をしっかり把握し、彼らが企業成長に果たす役割を理解することです。この段階では、復帰ユーザーの割合と潜在的な数の計算がキーポイント。復帰ユーザーが企業にどれだけの価値をもたらすかを把握し、その戦略的な再参加のプランを立てることが、成長への近道です。

アクティブユーザーの復帰率

アクティブユーザーの内訳を調査し、復帰したユーザーの割合を把握することは、企業にとって重要なステップです。1週間のアクティブユーザーのデータを分析すると、以下のような結果が得られます。

  • 現在のユーザー:73%
  • 復帰ユーザー:14%
  • 新規ユーザー:13%

このデータからは、復帰ユーザーの割合が相対的に高いことが浮かび上がります。つまり、過去に製品やサービスを利用していたユーザーが、再び興味を持ち始めている可能性が高いということを示唆しています。

この結果は、企業が過去のユーザーに対する再エンゲージメントの取り組みが成功していることを示しています。企業の努力がリテンションにポジティブな影響を与え、製品やサービスの持続的な成長に貢献している可能性があります。

潜在的な復帰ユーザーの数

潜在的な復帰ユーザーの数を評価する際には、以前のユーザーベースから離れたが再び興味を示す可能性のあるユーザーを考慮に入れる必要があります。そのユーザー数を把握することで、製品成長の潜在的な機会規模をより正確に把握することができます。

まず、以前のユーザーデータを分析し、一定期間内にアクティブではなくなったユーザーの数を特定します。次に、これらのユーザーが復帰する可能性を考慮して、潜在的な復帰ユーザーの数を見積もります。この過程で、復帰ユーザーの復帰率や特徴を理解することが重要です。

復帰ユーザーの数が多ければ多いほど、製品成長の機会規模は大きくなります。しかし、単純にユーザー数を増やすだけではなく、復帰ユーザーが製品やサービスに本当に興味を持ち、活発に利用するようになるための戦略を考える必要があります。そのためには、復帰ユーザーがどのようなニーズや要求を持っているのかを理解し、期待に応えるための施策を講じることが不可欠です。

まとめ

復活ユーザーの機会規模を決定することで、企業はリテンション戦略を調整し、成功への道筋を明確にすることができます。
復活ユーザーの割合が高い場合、彼らを対象にした施策やプロモーションを増やすことで、リテンション率や収益の向上に繋げることができます。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. マーケティング

    Apple iOS 17の新機能とマーケティングへの影響

    Appleが最新のiOS 17をリリースしました。この新しいバージ…

  2. ECサイト

    これから伸びるEC市場と今行うべきサイト改善

    感染症拡大の影響を受けたこともあり、オンラインショップの利用が急激に…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    事例からみるペルソナマーケティング

    マーケティング戦略を成功に導く上で、初めに設定するべき要素の一つが「ペ…

  4. マーケティング

    Amplitude「ペルソナ」機能を使ってリテンションを向上させる

    ユーザー行動分析のAmplitudeに搭載されている「ペルソナ」機能を…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    マーケティング担当必見!ユーザーを引きつける分析方法!

    毎日のように使用されている音楽アプリ。一体どのようにユーザーを引きつけ…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ユーザー維持率を向上させる! オンボーディングの活用事例を解説

    ユーザー維持率は、ビジネスやサービスにおいて一定期間内に顧客やユーザー…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  5. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
PAGE TOP