業界の話題

拡大するサブスクリプション

近年、サブスクリプションという言葉をよく耳にするようになりました。サブスクリプションとは定額制のサービスのことであり、“Spotify”や“Netflix”などの定額配信サービスなどが有名です。
最近では、飲食業界にもサブスクリプションが取り入れられるようになり、より注目度が高まっています。

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、モノを購入するのではなく利用期間に対して対価を払う、いわゆる “定額制” サービスのことを指します。新聞や雑誌の定期購読などから始まり、音楽や動画、ファッション、自動車に至るまで幅広い業種で用いられています。
似たような言葉にレンタルがありますが、意味が全く異なります。例えば車を借りたい時、レンタルでは1台しか借りられませんが、サブスクリプションは料金を支払うことで一定期間サービスを受けられるため、その期間中は何度でも車種の乗り換えが可能になります。今後ますます多様化するライフステージにおいて、サブスクリプションという選択は欠かせないものになるでしょう。

企業にとってのメリット

  • 毎月一定の売上を得られる。(天気やお客様の気分に左右されにくくなる)
  • 前もって必要な料金がわかっているので、お客様が利用しやすい。
  • 定額制サービスは“利用しないと損”になるので、お客様が積極的にお店に足を運ぶようになり、お客様との関わりが増える。
  • お客様がお店のファンになりやすい。
  • 多くの会員情報を得られるので、有益な顧客データの収集に役立つ。
  • 顧客データに基づき、新メニューの開発やサービスの提供ができる。

企業にとってのデメリット

  • 定額以上にお客様の利用があった場合、損益になってしまう可能性がある。
  • サービスに納得してもらえないとリピートにつながらず、ブランドのイメージや価値を下げてしまう。
  • お客様がサービスに飽きたら解約されてしまう。
  • 継続して契約してもらうため、新しいサービスを提供するなどの工夫や見直しが必要。

飲食業界にも広まるサブスクリプション

最近では、飲食店でサブスクリプションを導入する店舗が増えています。
株式会社RYM&CO.が運営する月額制のランチテイクアウトサービス「POTLUCK(ポットラック)」は、30日間有効のチケットを購入すると、登録されている店舗の中から1日2回まで注文することができます。レストランの料理が定額料金で食べることができ、事前に注文するため待ち時間なく受け取ることができるとあって人気を集めています。
また2019年7月には、株式会社SENTOENが運営するシェアキッチン「KichenBASE(キッチンベース)」と連携し、KichenBASEに登録されている店舗のテイクアウトも可能となり、さらなる利用者数の拡大が見込まれると予想されています。

日本で初めて導入した飲食店「coffee mafia」

株式会社favyが運営する、日本初の定額制コーヒースタンド「coffee mafia(コーヒー・マフィア)」は、月額料金を支払えば毎日無料でコーヒーが楽しめる定額プランを設けており、すでに都内に3店舗を展開しています。利用者はあらかじめスマートフォンで会員登録を済ませ、来店時に会員情報画面を見せるだけでコーヒーを受け取れる便利なシステムであり、平均して一人当たり月22回の利用率になっています。
利用頻度の高さから、一見利益が出ていないのでは?と感じてしまいますが、利用者データを蓄積することで利用者の嗜好などを分析でき、そのデータに基づいた提案や新商品の開発、さらには顧客の獲得に繋げたりと効率的に運営しています。
そして2019年7月、ミツカングループの株式会社ZENB JAPANと協同し、“まるごと野菜ZENBスムージー”の1ヶ月飲み放題キャンペーンを開催するなど、その勢いは加速し続けています。

ECサイトでもサブスクリプション

株式会社 現代経営技術研究所が運営する、サブスクリプションボックス専門のオンラインショッピングモール「subsc(サブスク)」は、出店しているストアの厳選アイテムを箱に入れて、毎月1回、定額で利用者に届ける仕組みです。すでにアメリカでは人気となっており、あらゆる種類のサブスクリプションボックスが出ています。
何が届くかわからないワクワク感や、今まで購入したことのない商品と出会う体験ができる、新しいネットショッピングの形としてこのサービスが始まりました。膨大な数の商品が溢れている今、何を購入すべきかわからなくなっている利用者に対して、提案することができる画期的なアイデアともいえます。

まとめ

サブスクリプションは、多様性の求められる現代に適するビジネスモデルとして、ますます私たちの身近な存在になると予想されます。このサブスクリプションを上手に活用することで、自社のブランディングや売上向上に繋げられるでしょう。
最後にECサイトにおけるサブスクリプションをご紹介しましたが、ECサイトを活用することでよりサービスや企業の認知が向上します。売れるサイトづくりのお手伝いは、是非Refineにお任せください!

ピックアップ記事

  1. ECサイトとインスタグラム
  2. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. 業界の話題

    グーグルのAI bot搭載メッセージングアプリ「Allo」

    2016年5月、Facebookメッセンジャーボットに続いてGoogl…

  2. 業界の話題

    消費者行動モデル「DECAX」とは

    コンテンツマーケティング全盛期の今、消費者が購買に至るまでの過程を具体…

  3. 業界の話題

    購買率を高める!レコメンドエンジン

    実店舗スタッフに趣味嗜好のヒアリングを受けて、自分好みの商品を提案され…

  4. 業界の話題

    注目されるリテンションマーケティング

    モノや情報が溢れている現代。同業他社との差別化を図ろうと、企業によるマ…

  5. 業界の話題

    後払い決済について

    後払い決済とはネットショッピングの決済方法は、以前はクレジット…

  6. 業界の話題

    AIDMA(アイドマ)AISAS(アイサス)の法則について

    ビジネスシーンでも聞く機会が多い「AIDMA(アイドマ)」と「AISA…

最近の記事

  1. 業界の話題

    拡大するQRコード決済とECサイトの関係
  2. 業界の話題

    2019年最新版 SEO対策
  3. 業界の話題

    Amazonペイメントについて
  4. 業界の話題

    ECサイトとインスタグラム
  5. ネットショップの壺 掲載

    BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)
PAGE TOP