業界の話題

企業のインスタントウィンの活用

企業の認知度向上や、フォロワーの増加を促す際に効果的と言われているインスタントウィン。企業がSNSを運用することが一般的になっている今、Twitterを活用した「インスタントウィンキャンペーン」が続々と登場しています。

インスタントウィンとは?

抽選したその場で当落がわかる懸賞のことで、このインスタントウィンの仕組みをTwitter内で実現したものが「インスタントウィンキャンペーン」です。ユーザーはフォロー&リツイートをするだけで簡単に参加することができます。景品も高価なものというよりも、コーヒーやドーナツの無料券など比較的安価なものが多く、当選確率が高いのが特徴です。

日本で初めてTwitter上でインスタントウィンキャンペーンを実施したのは、日本コカ・コーラ株式会社のヨーグルスタンドであり、これをきっかけに2016年以降、企業によるインスタントウィンキャンペーンが盛り上がりを見せます。

【事例1】日本初「ヨーグルスタンド」

先程もご紹介しましたが、2016年4月に実施された日本コカ・コーラ株式会社の「ヨーグルスタンド」の事例を見てみましょう。
<キャンペーン内容>
ユーザーが「ヨーグルスタンド」のアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイート。
数秒〜数分ほどで抽選結果の動画が自動返信される。
期間内であれば毎日参加でき、該当ツイートは毎日0時に投稿される。

また、当選者の喜びのツイートをリツイートするなどキャンペーン後のコミュニケーションにも力を入れ、ユーザーと企業の関係性をより深めました。キャンペーンは発売日から1ヶ月間実施され、ツイート件数は約27万件、参加回数は約50万回に昇り、ユーザーにも企業にもインパクトを与える結果となりました。

【事例2】15の企業による連動型キャンペーン

2019年8月5日〜9日までの5日間、全15の企業アカウントが共同して「夏の縁結び祭り #企業公式チャレンジ」キャンペーンを開催しました。<キャンペーン内容>
ユーザーが対象企業のアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイート。
抽選結果が自動返信される。
本キャンペーンには、株式会社すかいらーくホールディングス株式会社しまむらなど全15の企業が参加。
期間中は全ての企業アカウントに1日1回チャレンジできる。

“縁結び”をテーマに、参加ユーザーに対して別の参加企業のアカウントをリプライで紹介。実際にお祭りで色々な屋台を巡るような感覚を与えるなど、ユーザーがより楽しめる工夫も施されています。

【事例3】ユニークな企画「ハッピーターン」

亀田製菓株式会社はハッピーターンの公式アカウントで、時価総額50万円相当の“金のハッピーターン”をプレゼントするというユニークなキャンペーンを、2019年5月13日〜29日にかけて開催しました
<キャンペーン内容>
ユーザーが「ハッピーターン」のアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイート。
抽選で1名様に“金のハッピーターン”が当たる。
抽選結果はTwitterのダイレクトメッセージで届く。

抽選確率が低いキャンペーンではありますが、このようなユニークなキャンペーンは話題になりやすく、一気に注目度が上がります。これにより、亀田製菓株式会社は史上最多の45,000リツイートを達成し、好評につき追加でもう1名様に“金のハッピーターン”が当たるキャンペーンを7月に実施しました。

インスタントウィンキャンペーンのメリットは?

では実際に、企業がTwitterでインスタントウィンキャンペーンを実施するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 短期間で多くのフォロワーを獲得できる
  • リツイートを促すことで拡散できる
  • 企業や新商品の認知、広告に繋がる
  • 当落結果がすぐ分かるためユーザーのリピート率が向上する
  • ユーザーによる当落の感想ツイートにより、さらに宣伝効果が高まる

企業にとして、認知拡大やフォロワー獲得に非常に有効であることがわかります。また当落結果が瞬時に分かり、参加ハードルが低いという点はユーザー側のメリットとも言えます。

実施する上での注意点

ここまでいい事づくしのインスタントウィンキャンペーンですが、ただ実施するだけでは効果を最大化できません。注意点は主に3つあります。

①ユーザーとのコミュニケーションが大事
インスタントウィンキャンペーンは景品目当てで参加する人が多く、キャンペーンが終わるとフォローを解除してしまう可能性があります。そのため、日頃からユーザーとのコミュニケーションを頻繁に取り、企業のファンになってもらう必要があるでしょう
②クリエイティブな企画の考案
前提として、まずは参加してもらわなければなりません。ユーザーが思わず参加したくなるような楽しい企画の考案、そしてプロモーションしたい商品やサービス、ターゲット層を明確にした上で実施する必要があります
③ツールを使おう!
インスタントウィンキャンペーンは即時性が問われるので、手作業で実施するのは厳しいと言えます。ATELUechoes(エコーズ)などの自動返信や即時抽選ができるツールを利用し、効果を最大化しましょう。

まとめ

インスタントウィンキャンペーンは管理や運営など手間はかかるものの、その効果は非常に大きいと言えます。最大化させるためにも、アカウント運用をしっかりと行い、長期的なフォロワーの維持に繋げることが重要です。
これからの時代、企業のマーケティングツールとして欠かせないSNS。まずは企業の認知拡大のためにも、インスタントウィンを役立ててみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. ECサイトとインスタグラム
  2. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. 業界の話題

    企業のSNS運用代行

    最近、SNSエキスパート検定という名の検定も登場し、ますます注目を集め…

  2. 業界の話題

    Amazonペイメントについて

    Amazonペイメントとは、Amazon.co.jpのアカウントに登録…

  3. 業界の話題

    ネットで広がる学割サービス

    日ごろ何気なく目にしている「学割」という言葉。いったい、学割とは何歳か…

  4. 業界の話題

    購買率を高める!レコメンドエンジン

    実店舗スタッフに趣味嗜好のヒアリングを受けて、自分好みの商品を提案され…

  5. 業界の話題

    ECサイト 動画活用

    FacebookやYoutubeのスマホアプリが動画広告に対応したこと…

  6. 業界の話題

    拡大するサブスクリプション

    近年、サブスクリプションという言葉をよく耳にするようになりました。サ…

最近の記事

  1. ネットショップの壺 掲載

    ネットスーパー、EC企業の注目の的。リードタイム短縮で、保有在庫も軽減!
  2. 業界の話題

    注目されるリテンションマーケティング
  3. 業界の話題

    企業がPinterestを活用すべき理由
  4. 業界の話題

    ECサイトとインスタグラム
  5. 業界の話題

    拡大するQRコード決済とECサイトの関係
PAGE TOP