EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

新規ユーザー維持の秘訣〜ユーザー体験はデートと同じ!?〜

ECサイトの広告の最適化もバッチリ、ページも最適化されて新規ユーザー獲得も順調に進んでいる!でも、オンボーディングのプロセスが効果的でない場合、そのままではユーザーがどんどん離れていくかもしれません。

データによれば、ECサイトやアプリ等のプロダクトを初めて利用してから7日後に戻るユーザーはわずか14%。初週で離脱する新規ユーザーはなんと66%にも上り、30日以内には90%、90日以内には95%以上が失われるとのデータも存在します。

今回のブログでは、新規ユーザーが初めてECサイトに訪れた瞬間に焦点を当てて、なぜ初期のユーザー体験が重要なのか、そしてその向上にどのように取り組むべきかを考察します。初対面の印象が次のセッションや購買に繋がるカギだとしたら、まるで初デートのようですね!

新規ユーザーの理解と重要性

下記のグラフが示唆しているのは、初期のユーザー体験は、ユーザー維持とビジネスの成長のための膨大な機会を提供しているということです。

新規ユーザーにできるだけ早くECサイトの魅力を伝え、適切なオンボーディングをしない限り、新規ユーザーが二度と戻ってこない可能性が非常に高くなります。
これは、初デートと同じです。初デートは良い印象を与えて次回のデートに進むことが目的であり、結婚することが目的ではありません。
ECサイトでも同様に、最初の印象は成功と維持のカギです。初期のユーザー体験にフォーカスし、ユーザーに次のセッションや購買に繋がるようなアプローチを心がけるべきです。

新規ユーザーが維持するか離脱するかは、ユーザー体験やユーザーの行動に依存しています。そのため、ユーザーオンボーディングの成功には、どのような価値を感じ、どのような行動や要因が影響を与えるのかを理解することが不可欠です。

ユーザーオンボーディングとは?

「ユーザーオンボーディング」とは何か。近年のSaaS市場で頻繁に耳にする言葉ですが、具体的にはどのような手法を指すのでしょうか。この語源は、船や飛行機に乗るという行為の「on-boarding」に由来し、新たな人員やユーザーを歓迎する手法の一環です。

ECサイトに初めて足を運ぶユーザーに対して、案内やサポートを介して正確な理解と円滑な利用方法を提供します。その結果としてユーザーのモチベーションを高め、長期的な利用を奨励することが、ユーザーオンボーディングの基本的な目的です。

このアプローチは、新規ユーザーがプロダクトやサービスを迅速に理解し、最適な利用方法を把握するのに役立ちます。ユーザーオンボーディングは、単なる歓迎の手段を超えて、ユーザーがプロダクトに対して深い理解を持ち、積極的に活用できるように導く重要な手法となっています。

ユーザーオンボーディングの戦略

ユーザーオンボーディングには数々の利点が存在します。
まず、その効果として挙げられるのは、ユーザーの離脱を最小限に抑えることです。また、これはマーケティング手法と比較しても、新規顧客を獲得する際のコストパフォーマンスが優れていると言えます。

一般的な「1:5の法則」によれば、新規顧客を獲得するためには既存顧客に追加購入してもらうコストの5倍かかります。そして、既存顧客がビジネスの売り上げの大半を占めているという統計もあります。

したがって、ユーザーオンボーディングは離脱の防止だけでなく、コストパフォーマンスの向上にも大いに寄与します。この手法を通じて既存顧客をしっかりと維持することは、ビジネスの売上向上に繋がる確固たる秘策であると断言できます。
新しいユーザーとの初めての接点であるユーザーオンボーディングに焦点を当て、ビジネスの永続的な成功への一翼を担ってみてくださいね!

まとめ

初デートのように、初めてECサイトを利用する瞬間が成功への扉。良い印象を残すためには、ユーザーオンボーディングが鍵を握っています。

初期のユーザー体験にフォーカスし、価値を伝える工夫をすることで、新規ユーザーを維持し、ビジネスの成長に繋げましょう。ユーザーオンボーディングは、離脱防止だけでなく、コストパフォーマンスの向上にも大いに寄与します。

新しいユーザーとの初デートを成功させるために、今日からユーザーオンボーディングに注力してみてくださいね!

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  3. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  4. ファネル分析で ECサイトの売上アップ

関連記事

  1. ECサイト

    単品/通販ECで使える!解約率の計算と分析方法でLTV向上を目指す

    顧客解約率の計算と分析は、ECサイトの成功において重要な役割を果たしま…

  2. マーケティング

    中国のセールが日本に与える影響

    今年も、中国最大のセールイベント『独身の日』が11/11に開催され、ま…

  3. マーケティング

    アイドルやVTuberと電話ができる?!自動応答システムとは

    現代のエンターテイメント業界は、ファンとアーティストとの距離を縮め、新…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの応用方法を紹介

    ユーザーリテンション分析はビジネスの成長と収益の安定化に欠かせない手段…

  5. マーケティング

    顧客体験を向上させてロイヤルカスタマーを増やす

    前回の記事では、ロイヤルカスタマーの育成の鍵となる習慣形成を促す要因を…

  6. マーケティング

    復帰ユーザーの「きっかけ」はたった2つだけ

    製品やサービスの成長において、ユーザーの復帰は極めて重要です。しかし、…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  3. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  4. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  5. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
PAGE TOP