EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

ECサイトで新規顧客をリピーターにするには?

ECサイトで新規顧客を獲得したら、その次は顧客を長く引き留める工夫が必要です。たとえ広告で多くの新規顧客を引き込んでも、そのまま放置してしまうと意味がありません。

ECサイトを初めて利用する新規顧客は、3つの重要なフェーズを経験します。それが①オンボーディング、②バリュー・ディスカバリー、そして③習慣形成です。これらのフェーズを理解し、適切にサポートすることが、顧客維持率の向上につながります。この記事では、特に①オンボーディングと②バリュー・ディスカバリーに焦点を当ててみます。

オンボーディング

「オンボーディング」とは、近年のSaaS市場で頻繁に耳にする言葉ですが、具体的にはどのような手法を指すのでしょうか。この語源は、船や飛行機に乗るという行為の「on-boarding」に由来し、新たな人員やユーザーを歓迎する手法の一環です。
ECサイトに初めて足を運ぶユーザーに対して、案内やサポートを介して正確な理解と円滑な利用方法を提供します。その結果としてユーザーのモチベーションを高め、長期的な利用を奨励することが、オンボーディングの基本的な目的です。

本記事のライフサイクルに当てはめると、ユーザーが初めて製品を使用し、その体験を完了するフェーズを指します。この段階でユーザーはECサイトの価値を素早く理解する必要があります。第一印象が重要であり、不十分なオンボーディングは新規ユーザーの維持率を低下させる可能性があります。

オンボーディングについては過去記事で詳しく解説しています。

オンボーディングファネルを理解する

オンボーディングファネルは、新規ユーザーがサービスやプロダクトに初めて触れ、利用を始めるプロセスを段階的に捉えたフローです。

オンボーディングファネルの分析では、ユーザーがサービスに馴染むためのステップや、改善が必要な箇所を見つけることができるのです。ユーザーがサービスを理解しやすくなる方法を見つけ出し、その分析結果を元にECサイトやサービスをより良くする施策の立案に活用します。
さらに、導入変更がどれほど効果的であるかや、顧客がどのように動いているかを分析し、オンボーディング体験を進化させ、顧客体験を向上させる一翼を担います。

ECサイトにおいても第一印象は重要

顧客が製品をどれだけ簡単に理解でき、利用できるかは第一印象が鍵を握ります。使いやすいオンボーディングプロセスは、ユーザーに製品の利点を迅速に理解させ、次のステップへと誘導します。第一印象が良ければ、新規顧客の維持率向上に繋がる可能性が高まります。

バリュー・ディスカバリー

オンボーディング後は、「バリュー・ディスカバリー」のフェーズが続きます。これは、顧客が本当に欲しいものや価値を見つけるプロセスです。

通常のマーケティングや製品開発は予測や仮説に基づいて進みますが、バリュー・ディスカバリーはユーザーの実際の意見やデータに基づいて進化します。この段階では、製品の核となる価値をユーザーに明確に伝える時間が限られています。

新規顧客が製品を使い続け、その価値を感じることが大切です。つまり、ユーザーが製品を頻繁に活用し、その魅力を実感できるようになることが焦点となります。

まとめ

新規ユーザーのライフサイクルはオンボーディング、バリュー・ディスカバリー、習慣形成の3つのフェーズで構成されています。

特にオンボーディングでは、初回のインプレッションが重要であり、ファネルの理解やユーザーの継続的なエンゲージメントに注力することが成功の鍵です。バリュー・ディスカバリーでは、ユーザーが製品の真の価値を発見し、それを定着させることが目標です。

ユーザーのニーズに合わせたサポートと使いやすいプロセスの提供が、良好なユーザーエクスペリエンスとなり、維持率向上に寄与します。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  2. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  3. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  4. ファネル分析で ECサイトの売上アップ

関連記事

  1. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ユーザー維持率を向上させる! オンボーディングの活用事例を解説

    ユーザー維持率は、ビジネスやサービスにおいて一定期間内に顧客やユーザー…

  2. ECサイト

    Twitter新機能テスト運用開始!

    2021年10月11日にTwitter新機能のテスト運用が開始さ…

  3. ECサイト

    EC-CUBEとSalesforceでできるインバウンドマーケティング

    ECサイトを運営していれば自然と膨大な量が集まる顧客リスト。その顧…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの準備をしよう!

    最近はマーケティングにおいて、既存顧客との関係性を維持し、継続的に製品…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションで定着率を可視化する

    プロダクトの成長において、リテンションマーケティングは欠かせない要素と…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  3. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  4. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  5. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
PAGE TOP