EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

リテンションマーケティングの準備〜クリティカルイベント編〜

近年、マーケティングにおいて、継続的な製品利用に焦点を当てたリテンションがますます重要視されています。

リテンションマーケティングとは、既存の顧客を長期間に渡って維持・活用するためのマーケティング戦略の一環です。このアプローチにより、単なる新規顧客の獲得だけでなく、既存の顧客との関係を重視し、繰り返しの取引やブランドロイヤリティの向上を目指します。

前回の記事では、リテンションマーケティングの準備に必要なポイントを紹介しました。
今回は、その中でも特に「クリティカルイベント」にフォーカスし、その重要性と決め方について掘り下げていきます。

リテンションマーケティングの準備に必要なものや確認すべきことが知りたい方は、過去記事をご覧ください。

クリティカルイベントとは?

クリティカルイベントは、ユーザーが製品の中で行う最も重要なアクションであり、コアバリューに密接に関連したものです。
各製品によって異なるクリティカルイベントが存在し、これがリテンションの鍵を握っています。具体的な例を見てみましょう。

このように、リテンションを測定する際には、クリティカルイベントはユーザーに実行してもらいたいアクションを指定します。

クリティカルイベントはいくつあるの?

通常、製品ごとに1つのクリティカルイベントを指定します。
しかし、一部の製品では複数のクリティカルイベントが存在することがあります。

例えば、フリーマーケットプレイスでは、「売り手」と「買い手」が異なるユーザー特性を持つため、それぞれにクリティカルイベントを指定することがあります。

リテンションを測定する際、単に製品の起動でリテンションを測定するのではなく、このクリティカルイベントの実行でリテンションを測定することが重要なのです。
これにより、プロダクトのコアバリューが継続的にユーザーに支持されているかを確認する事ができます。

クリティカルイベントの決め方

クリティカルイベントを決定する際には、以下の点に留意すると良いでしょう。
ユーザーエンゲージメントを向上させるための具体的なクリティカルイベントを見つける手助けとなると幸いです。

  • ユーザーが製品を使うたびに行ってほしいイベントは何か?
  • 会社としての指標や増やそうとしている数字は何か?
  • 複数の製品を提供している場合、それぞれの成功指標は何か?

まとめ

クリティカルイベントは製品のユーザーエンゲージメント向上において鍵となる要素です。
正しく設定されたクリティカルイベントは、リテンションを向上させ、製品の成果を最大化する手助けとなります。

ユーザーが製品をどのように利用するかを理解し、クリティカルイベントを明確に設定することで、持続的な成功への道を拓くことができます。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  2. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  3. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  4. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ

関連記事

  1. マーケティング

    Amplitudeのスティッキネス機能を活用してエンゲージメントを高める

    本記事では、Amplitudeの「スティッキネス」機能を使用したデータ…

  2. マーケティング

    動画マーケティングとコンテンツマーケティングの今後

    感染症拡大の影響もあり、YouTubeやNetflix、TikTo…

  3. マーケティング

    新しい成長戦略のプロダクトレドグロースとは

    企業が成長を求める今日、犠牲を払ってまでの成長はもはや選択肢ではありま…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの成功法則とは?

    近ごろ、企業のみならず多くの人がリテンションマーケティングに注力してい…

  5. マーケティング

    復帰ユーザーのリテンションに注目する

    近年様々な企業が行なっている「リテンション分析」。今回は、一度プロダク…

  6. マーケティング

    自社EC×メディアでの成功事例

    ECサイトの立ち上げには、大きく分けてモール出店か自社ECの2つに…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  5. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
PAGE TOP