マーケティング

 

現行ユーザーリテンションの向上とその重要性

ビジネスの成功において、現行ユーザーのリテンション(既存顧客維持)を向上させることは不可欠です。リテンションカーブが一定の水準で安定しない場合、ビジネスの成長を維持することは難しくなります。このブログでは、既存顧客のリテンションマーケティングの重要性とその向上に向けたアプローチに焦点を当てます。

既存顧客のリテンションの重要性

ビジネスの成長において欠かせないのが既存顧客のリテンション率です。リテンション率を把握するためには、リテンションカーブをグラフで可視化することが必要です。リテンションカーブがある時点で平行にならないと、ビジネスは成長の停滞や減少に直面する可能性があります。

新規ユーザーの獲得は一時的な成功をもたらすものの、その成果が持続的なものとなるためには、リテンションが不可欠です。特に7日目辺りで青いカーブが平行になっている状態は注目すべきです。初期の離脱があるものの、安定したユーザーベースが形成されています。これが現行のユーザーであり、ビジネスの安定基盤を築いています。

リテンションカーブの分析

製品の安定したベースを築いていない場合、製品市場に適合していないと言えます。このリテンションカーブの形状は、ユーザーが製品に引き込まれず、継続的な利用に結びついていないことを示しています。この形状は改善が必要であり、市場のニーズやユーザーの期待により適した形状にすることが求められます。

リテンションカーブの形状が製品市場適合性に反している場合、市場のニーズやトレンドにより合わせる必要があります。新しい機能の追加や既存機能の改善など、ユーザーが求める価値を提供する取り組みが求められます。データ駆動のアプローチを取り入れ、ユーザーフィードバックや行動データを分析することで、リテンションカーブの改善に向けた具体的な手順を講じることができます。

現行ユーザーの診断

現行ユーザーとは、前回の期間にアクティブであり、測定している現在の期間にもアクティブなユーザーのことです。現行ユーザーリテンションを向上させるには、過去記事で説明したように現行ユーザーコホートを作成し、基準となる現行ユーザーリテンションをプロットします。N日リテンションまたはUnboundedのリテンションを使用して、ユーザーの行動や傾向を理解しましょう。


まとめ

ビジネスの成功には、単なる新規ユーザー獲得だけでなく、現行ユーザーのリテンションが欠かせません。既存顧客のリテンションマーケティングを通じて、ビジネスは安定し、持続可能な成長を達成できるでしょう。リテンションカーブの分析と現行ユーザーの診断は、成功に向けた鍵となります。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  3. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  4. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?

関連記事

  1. マーケティング

    リテンション向上させる戦略と製品管理

    新規ユーザーのリテンション向上には、計画的な戦略が不可欠です。しかし、…

  2. マーケティング

    アイドルやVTuberと電話ができる?!自動応答システムとは

    現代のエンターテイメント業界は、ファンとアーティストとの距離を縮め、新…

  3. マーケティング

    ECでも使える!休眠ユーザーを掘り起こすアプローチとは

    広告等から新規顧客を獲得したけれど、コストに対して売上があがっていない…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ECサイトで使える!ユーザーエンゲージメントを高めるポイント

    ECやプロダクトを長く使ってもらうためには、ユーザーエンゲージメントの…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティング実践編!〜Bracketedリテンション〜

    リテンションマーケティング実践編 第3弾の今回は、「Bracket リ…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    製品成功の秘訣!セグメント分析と事例紹介

    ここまでで「ペルソナ分析」の重要性について解説してきました。マーケ…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  2. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  5. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
PAGE TOP