EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

リテンションマーケティングの準備をしよう!

最近はマーケティングにおいて、既存顧客との関係性を維持し、継続的に製品を使用してもらうことに着目したリテンションが重要視されています。

特に、リテンション率を向上させることにより、ロイヤルカスタマーの育成にも繋がります。
ロイヤルカスタマーとは、「忠実な顧客」や「優良顧客」という意味を持ち、商品やサービス、企業、ブランドに対して愛着や信頼を持っている顧客のことを指します。
ロイヤルカスタマーは、繰り返し購入を行なったり、口コミで他の人に広めたりすることがあります。

本記事では、リテンションマーケティングを始める前に把握しておくべきポイントや、準備するべきものを解説していきます。
準備をしっかり行い、最適なリテンションマーケティングを展開していきましょう。


ユーザーの一瞬が鍵!リテンション向上のポイント


リテンションの向上は、ユーザーが製品(自社製品やECなどのプロダクト)をどのように利用するかを理解することから始まります。これにより、毎日、毎月、毎週の、どのリテンションを見るべきかどうかが明確になります。

例えば、カジュアルゲームのような製品では、「日単位」でリテンションを測定するのが適しているかもしれません。逆に、映画ストリーミングのような製品では、「週単位」でリテンションを測定するのが適しているかもしれません。
これらの違いは「プロダクト利用インターバル」と呼ばれ、各製品に独自の特性が反映されています。

さらに、リテンションの測定は製品の起動だけでなく、「クリティカルイベント」と呼ばれる、ユーザーが製品を実際に利用した瞬間を見ることが不可欠です。

このイベントは、ユーザーが製品をどれだけ本格的に利用しているかを示す重要な指標です。
例えば、特定の機能を使用したか、あるコンテンツを閲覧したか、購入行動を起こしたかなどが該当します。
これにより、単なる製品の起動だけでなく、本当の価値を生むユーザーの行動を見極めることができます。


分析ツールの見直し


リテンションの計測を開始する前に、アナリティクスが正しく起動し、重要なユーザーのイベントを計測できているかを確認することが重要です。

分析ツールの設定が十分でない場合、正確なデータを得ることが難しく、リテンションの改善が阻害される可能性があります。
そのため、分析ツールの設定や見直しはリテンション向上のはじめの一歩であり、分析セクションに進む前に検討すべき重要なステップです。

トラッキングしているイベントを整理し、データの妥当性を検証することで、信頼性のある分析結果を得ることができます。
適切なデータが揃っていない場合、リテンション向上に向けた施策の立案が妨げられる可能性があります。

データの正確性と信頼性を確保することは、リテンション向上の取り組みにおいて基本的かつ不可欠なステップです。


まとめ


ユーザーの動向を理解し、リテンションを向上させるための戦略を明確にしていくことが、製品の成功に不可欠です。
リテンションの改善は持続的なプロセスであり、正確なデータと明確な戦略が組み合わさることで、効果的な成果が得られるでしょう。

次回の記事では、「クリティカルイベント」と「プロダクト利用インターバル」という概念に焦点を当て、これらをマーケティング上でどのように活用するかについて詳しく解説します。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. マーケティング

    復帰ユーザーのリテンションを計測して効率的に顧客を増やす

    新規顧客の獲得には、「休眠ユーザー」に復帰してもらうよりも多くの費用と…

  2. マーケティング

    スマホタッチで名刺交換!デジタル名刺「リットリンク∞カード」

    プロフィールリンクまとめサービス「Lit.Link(リットリンク)」を…

  3. マーケティング

    動画マーケティングでの成功事例

    動画マーケティングとは、映像を活用したWebマーケティング手法の1つ…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    Instagram成功の裏に潜むペルソナ分析

    マーケティング戦略を成功に導くためには、「ペルソナ」の設定が不可欠です…

  5. マーケティング

    ネットで広がる学割サービス

    日ごろ何気なく目にしている「学割」という言葉。いったい、学割とは何歳か…

  6. マーケティング

    拡大するサブスクリプション

    近年、サブスクリプションという言葉をよく耳にするようになりました。サ…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  2. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  5. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
PAGE TOP