マーケティング

 

プロダクトレッドグロース(PLG)を採用すべきでない場合とは?

プロダクトレッドグロース(PLG)は、製品を中心にした成長戦略として広く認知されています。しかし、すべての企業にとってPLGが最適な戦略とは限りません。組織がPLGを採用する前に考慮すべき重要なポイントがあります。

本記事では、PLGを採用すべきでない場合について詳しく見ていきます。
PLGについては過去記事にて詳しく解説しています。

営業やマーケティング主導の動きが予測できない場合

プロダクトレッドグロース(PLG)が企業にとって効果的な成長戦略となるには、組織が事前に徹底的な準備と分析を行う必要があります。既存の営業やマーケティングの動向を的確に予測し、市場のニーズや顧客の行動パターンを正確に把握することが不可欠です。これによって、PLGの導入による成果を最大化し、リスクを最小限に抑えることが可能となります。

まず、組織は市場調査や顧客インタビューを通じて、正確な情報を収集することが重要です。顧客のニーズや要求を理解し、製品やサービスがどのように顧客の問題を解決し、価値を提供できるかを明確に把握することが必要です。さらに、競合他社の動向や市場トレンドを把握することも重要です。

また、PLGの導入には組織内のプロセスやシステムの改善も必要です。顧客が製品やサービスを自己活性化し、継続的なエンゲージメントを促すためには、使いやすいインターフェースや効果的なオンボーディングプロセスが必要です。組織は、顧客が製品やサービスを容易に活性化できるような環境を整えるために、技術的なインフラやプロセスの改善にも注力する必要があります。

顧客が自分で製品を活性化できない場合

PLGの重要な要素の一つは、顧客が自ら製品を活性化し、その価値を見出すことです。
しかし、製品が複雑である場合や顧客が製品を理解するのにサポートが必要な場合、PLGの導入は難しいでしょう。

例えば、高度な技術や専門知識を必要とする製品の場合、顧客が自ら活性化することは容易ではありません。そのため、組織は製品の使い方や価値を明確に伝えることが重要です。これには、使いやすいインターフェースや分かりやすいチュートリアルの提供、そして顧客サポート体制の充実が必要です。さらに、顧客が製品を理解し、活性化できるような環境を整えるために、教育プログラムやコミュニティの構築も重要です。

組織は、顧客が製品の価値を十分に理解し、活性化できるような環境を整えることで、PLGの導入を成功させることができます。

製品の価値がすぐにはわからない場合

PLG戦略の成功には、顧客が製品の価値を素早く理解し、自発的に活性化することが不可欠です。しかし、製品の価値がすぐには顧客に伝わらない場合、彼らが製品に興味を持ち、そしてそれを活性化することは難しいでしょう。このような状況では、組織は積極的なアプローチを取る必要があります。

まず第一に、製品の特長や利点を明確に伝えることが重要です。顧客が製品が提供する価値を正しく理解できるよう、効果的なコミュニケーション戦略を構築する必要があります。これには、ウェブサイトやマーケティングコンテンツを通じての情報提供や、製品デモやトライアルの提供などが含まれます。

さらに、顧客が製品の価値を実際に体験できる環境を整えることも重要です。例えば、使いやすいインターフェースや親しみやすいユーザーエクスペリエンスの提供、そして簡単なオンボーディングプロセスの設計などが挙げられます。

組織は、これらの取り組みを通じて、顧客が製品の価値を十分に理解し、そして活性化できるような環境を構築することで、PLG戦略の成功を促進することができます。

意思決定権が企業バイヤーにある場合

PLGは、エンドユーザーの意思決定力に大きく依存しています。しかしながら、特定の業界では、企業バイヤーが意思決定の主導権を握っており、エンドユーザーの声が反映されにくいケースが見られます。このような状況では、PLGの導入は複雑な課題を抱えることになります。

組織は、このような課題に対処するために、エンドユーザーとの密接なコミュニケーションを強化する必要があります。これには、フィードバックの収集や製品の改善に関する透明性の向上などが含まれます。また、エンドユーザーが企業バイヤーに製品の価値を伝えるための支援を提供することも重要です。

さらに、組織はエンドユーザーの意思決定に直接影響を与える方法を模索する必要があります。これには、エンドユーザーが企業バイヤーに製品の重要性や利点を伝えるためのツールやリソースの提供、およびエンドユーザーの関与を奨励するプログラムの実施などが含まれます。

組織がこれらの取り組みを通じて、エンドユーザーの意思決定力を強化し、PLG戦略の展開を支援することで、より効果的な成果を得ることができるでしょう。

まとめ

PLGは、効果的な成長戦略の一つとして注目されていますが、すべての企業にとって適切な戦略とは限りません。組織は、PLGを導入する際には慎重に検討し、自社の状況や顧客ニーズに合った戦略を選択することが重要です。しっかりと準備を行い、PLGの導入が成果をもたらすよう努めましょう。

本記事では、PLGを採用すべきでない場合について考察しました。組織は、PLGの導入を検討する際には、自社の状況や顧客ニーズを十分に理解し、慎重に判断することが重要です。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  2. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  3. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  4. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?

関連記事

  1. マーケティング

    Amplitude「ペルソナ」機能を使ってリテンション率を比較する

    本記事では、Amplitudeの強力なツールである「ペルソナ」機能を用…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    離脱ユーザーの行動を探る!顧客維持率向上の鍵とは

    「ドロップオフ」ユーザー、つまりファネルから離脱したユーザーはECサイ…

  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-

    ECサイトの顧客情報と営業管理ツールが連携したらいいな。そんな希望…

  4. マーケティング

    ECサイトで使える!エンゲージメントの測定と事例を紹介

    アプリをダウンロードしたユーザーが実際に継続的に利用し、その効果を享受…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティング実践編!〜N日リテンション〜

    リテンションマーケティングにおいて、正確な計測は成功の鍵となります。…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの準備をしよう!

    最近はマーケティングにおいて、既存顧客との関係性を維持し、継続的に製品…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
PAGE TOP