ECサイト

ECサイト運営者が知っておきたいメールマーケティングの種類

現代SNSマーケティングが主流になりつつありますが、商材や戦略によっては販売促進の大きな力になるメールマーケティング。
今回はメールマーケティングの種類についてお話していきます。

メールマーケティングとは


メールマーケティングとはその名の通り、メールを使ったマーケティング手法のこと。
リードナーチャリング、つまりメールで見込み顧客の購買意欲ステータスを上げていく手法をです。

リードナーチャリングについてはこちら

メールマーケティングにはいくつか種類があります。
それぞれご紹介していきます。

メールマーケティングの種類


メールマガジン

購読してくれているユーザーに向けて定期的に情報を配信するメルマガは、もっとも知られているメール手法といえます。
新製品情報やキャンペーン情報、自社メディアやホームページ更新のお知らせなどを内容として配信することが多いですが、全員に向けて同じ内容を配信するため汎用的な内容になることが多く、直接お問い合わせなどにつなげることは難しいといわれています。

ステップメール

ステップメールとは、それぞれのユーザーのアクションに応じた内容のメールを配信する方法です。
例えば、製品に関する資料をダウンロードしてくれたユーザーがいるとします。
その場合、以下のように段階を分けて配信していきます。
資料ダウンロードのお礼

製品情報

成功事例やユーザーの声

販売への誘導

このように段階ごとに配信の内容を分けることで、ひとつのメールの内容がライトになり、長文に比べ購読意欲が上がり、理解度を上げることができます。
また、メール配信を段階わけして配信することで、より長い間製品のことを頭においてもらう事ができます。

ターゲティングメール

ターゲティングメールはセグメントメールともよばれ、見込み客を「設定した条件」ごとに分類し、そのターゲット(セグメント)ごとに必要だと思われる情報をメールで配信する施策です。
例えば「商品Aを購入した方に向けた内容」
「20−30代女性に向けた内容」
「マーケティング手法のページに来たことがある人に向けての内容」
など、ターゲットによって配信内容を変えていきます。

配信するユーザーを絞ることで、ユーザーにとってより興味のある情報を届けることができるため、開封率やメールに記載したURLのクリック率が上がります。 この施策だけで、メールの開封率が2倍まで上がったという例も報告されています。

休眠発信メール

休眠発掘メールとは、一定期間活動がない休眠顧客に対して、何かしらのアクションを促すようにメールでアプローチする手法です。
しかし、すでにメール配信を行っているにもかかわらず休眠に入ってしまっている場合は、迷惑メールに引っかかってしまったり、タイトルをみて不要と判断されている可能性があります。
メールのタイトルや差出人の表記を変えるといった工夫することが改善が見込める可能性があります。件名に社名を入れている場合はそれを外してみる、お得感のある件名にしてみるなど工夫してみましょう。

まとめ


今回はメールマーケティングについてお話していきました。
「今どきメルマガ?」と思われるかもしれませんが、ECで集めた顧客情報を活用してマーケティングできる有効な手法です。
最近売上に伸び悩んでいる、顧客定着率が低下した、などの悩みがある場合はメールマーケティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。


RefineはECのチカラで 『時間を作り出す価値』を提供します。
様々なカスタマイズにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. マーケティング

    動画マーケティングとコンテンツマーケティングの今後

    感染症拡大の影響もあり、YouTubeやNetflix、TikTok…

  2. ECサイト

    今年視聴者数1位の楽天市場に出店するメリットとデメリット

    先日大セールが行われていた視聴者数ナンバー1の楽天市場。今回は、楽天…

  3. マーケティング

    AIDMA(アイドマ)AISAS(アイサス)の法則について

    ビジネスシーンでも聞く機会が多い「AIDMA(アイドマ)」と「AISA…

  4. ECサイト

    10回会うと好まれる?EC運営でも使えるザイオンス効果とは

    みなさんはザイオンス効果という心理効果をご存知ですか?うまく使えば顧…

  5. ECサイト

    ECサイトが繋がらなくなったときにやるべきこと

    先日Refineにアーティストグッズを扱う会社様から「とにかく負荷に…

  6. ECサイト

    ECサイト運営者がすべき見込み顧客の集め方

    「商品に興味はあるけど購入にはいたらない」そんな見込…

最近の記事

  1. ECサイト

    EC×NFTで次世代ECサイトへ
  2. ネットショップの壺 掲載

    ネットスーパー、EC企業の注目の的。リードタイム短縮で、保有在庫も軽減!
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    ツイッター新機能の紹介
  5. マーケティング

    注目されるリテンションマーケティング
PAGE TOP