EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

休眠ユーザーの復帰率を向上させるために必要な2つのこと

休眠ユーザーの復帰率を向上させるためには、適切なトリガー(きっかけ)を特定することが不可欠です。ここでは、復帰のトリガーを特定する方法について、いくつかのアプローチを紹介します。

復帰ユーザーのトリガーの種類については過去記事で詳しく解説しています。

ウェブサイトやウェブサイトアプリのデータを活用する

ウェブサイトやウェブアプリの運営者は、データの活用が成功の鍵となります。
特に、UTMパラメータやリファラーデータの分析からは、ユーザーの復帰率向上のために有益な情報を得ることができます。UTMパラメータを用いることで、異なるメールキャンペーンや広告からの訪問者を追跡し、それぞれのトリガーが復帰にどの程度影響を与えているかを計測することができます。

例えば、特定の広告からの流入が復帰率を高める傾向にある場合、その広告のコンテンツやテキスト内容を改善することで、より多くのユーザーを製品やサービスに戻すことができます。また、異なるメールキャンペーンの効果を比較することで、復帰に最も効果的なキャンペーンを特定し、今後のマーケティング戦略の最適化に役立てることができます。

さらに、リファラーデータの分析を通じて、外部サイトやSNSからの流入が復帰にどのような影響を与えているかを把握することも重要です。特定のSNSからの訪問者が復帰率を高める可能性がある場合、そのプラットフォームでのプロモーション活動を強化することで、復帰を促進することができます。

ウェブサイトやウェブアプリのデータを活用することで、復帰につながるトリガーを明確に特定し、効果的なリエンゲージメント戦略を展開することができます。これにより、ユーザーの再エンゲージメント率を向上させ、製品やサービスの成長を促進することができます。

行動ペルソナの分析

行動ペルソナの分析は、復帰戦略を展開する上で欠かせない要素です。行動ペルソナとは、特定のターゲットユーザーの行動や好みを要約し、マーケティング戦略の開発に活用される架空のユーザープロファイルです。
また、ペルソナ機能やクラスター分析を活用することで、ユーザーの行動パターンや嗜好をより詳細に把握することが可能です。これにより、復帰のきっかけとなったイベントを特定し、その効果を理解することができます。

行動ペルソナを決定する際には、異なるユーザーグループに焦点を当て、それぞれのペルソナ内で復帰に関連するイベントを探します。例えば、特定のペルソナが特定の広告キャンペーンに反応しやすい場合、その広告が復帰にどのような影響を与えているかを詳細に分析することができます。同様に、特定の機能やコンテンツが復帰に与える影響を調査することも可能です。

行動ペルソナの分析を通じて、特定の行動パターンが復帰にどのような影響を与えるかを理解することができます。たとえば、特定のペルソナが特定のアクションを実行した後に復帰率が上昇する場合、そのアクションが復帰に対する有効なトリガーである可能性があります。逆に、特定の行動が復帰率に悪影響を与える場合、その行動を改善することで復帰率を向上させる施策を検討することが重要です。

行動ペルソナの分析を通じて、ユーザーの行動パターンや嗜好をより深く理解し、復帰戦略の改善に役立てることができます。これにより、効果的なリエンゲージメント施策を展開し、ユーザーの再エンゲージメント率を向上させることが可能となります。

Amplitudeのジャーニー機能を活用する

Amplitudeのジャーニー機能や同様のパス可視化機能を使用して、復帰したユーザーのパスを分析しましょう。これにより、ユーザーが復帰した理由や特定の行動を起こしたトリガーを特定できます。例えば、特定の行動やイベントが復帰率に与える影響を調査し、改善の方針を立てることができます。

まとめ

今回は休眠ユーザーを復帰させるためのトリガーについて考察しました。

復帰のトリガーを特定することは、製品やサービスの成長において不可欠です。適切なトリガーを見つけることで、ユーザーの再エンゲージメントを促進し、リテンション率を向上させることが可能です。製品分析プラットフォームを活用して、メッセージングデータやアトリビューションデータを統合し、ユーザー行動の全体像を把握しましょう。

Amplitudeを利用する際には、さまざまなデータソースを統合しやすいため、復帰のトリガーをより効果的に特定できます。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  2. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  3. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ECサイトでリピーター率を伸ばすマーケティング方法

    自社のECサイトで売上を伸ばし、リピーターを増やすことを目指している方…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティング実践編!〜まとめ〜

    これまでの実践編では、リテンションマーケティングの基本的な手法を3つ紹…

  3. マーケティング

    復帰ユーザーを呼び戻すために|クリティカルイベントを分析する

    ECサイトやアプリを運営する上で顧客の活動パターンや行動特性を理解する…

  4. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ECサイトで使える!顧客ロイヤリティ向上の手法

    新規ユーザーを優良顧客へ育てる道のりは、企業にとって戦略的で重要な一環…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    自社製品でリピーターを増やし続ける秘訣

    現在、世界にはインターネットを使っている人は50億人以上います。世…

  6. マーケティング

    2019年最新版 SEO対策

    検索の流入数が増えるようなSEO対策を行なっていますか?SEO対策の内…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  2. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  3. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  4. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
PAGE TOP