マーケティング

 

復帰ユーザーの「きっかけ」はたった2つだけ

製品やサービスの成長において、ユーザーの復帰は極めて重要です。しかし、ユーザーを製品に引き戻すためには、適切なトリガーが必要です。この記事では、復帰の測定可能なトリガーを特定する方法について考えてみましょう。

復帰の「きっかけ」を特定する

復帰の測定可能なトリガーを特定することは、製品やサービスの成長戦略において重要なステップです。以下に、トリガーを特定するための方法について見ていきましょう。
|トリガーは大きく分けて2種類

ユーザーがサービスやプロダクトに復帰するトリガーには、外部トリガーと内部トリガーの2種類があります。外部トリガーは、プッシュ通知やメールなどの手段を通じてユーザーの注意を引きます。一方、内部トリガーは、人の心の中で生じ、製品がユーザーの感情や既存の習慣と結びついたときに発生します。
では、外部トリガーと内部トリガーそれぞれの特徴をみていきましょう。

外部トリガーの活用

外部トリガーの有効活用は、製品やサービスの成長において不可欠です。外部トリガーは、ユーザーの注意を引くことによって再エンゲージメントを促すことができます。
例えば、プッシュ通知やメールなどの手段を用いて、一定期間活動が停止しているユーザーを製品やサービスに引き戻すことができます。これにより、ユーザーが再び製品やサービスを利用する動機付けが行われ、リテンション率の向上に繋がります。

特に、ソーシャル要素が含まれる場合は、友人やネットワークからのアクションに基づいて外部トリガーを活用することが効果的です。例えば、友人が特定のアイテムを購入した際にその情報を共有し、他のユーザーに通知を送ることで、興味や関心を呼び起こすことができます。このようなソーシャルなトリガーは、ユーザー同士のつながりを強化し、製品やサービスへの参加意欲を高めることができます。

さらに、外部トリガーは特定のイベントや外部要因に基づいて設定することもできます。例えば、休日やスポーツイベント、天候などの外部要因に合わせてトリガーを設定することで、ユーザーの興味を引きやすくなります。たとえば、大雪が降った週には、オンデマンドアプリを利用するユーザーが増える可能性があります。このような外部要因に合わせたトリガー設定は、製品やサービスの利用促進に有効です。

外部トリガーの適切な活用は、ユーザーの再エンゲージメントを促し、製品やサービスの成長を後押しします。そのため、外部トリガーの設定や管理には慎重な計画と戦略が必要です。

内部トリガーの重要性

内部トリガーは、製品がユーザーの感情や既存の習慣と結びついたときに生じます。外部トリガーに頼らずに製品を利用し続けるためには、内部的な欲求や感情がユーザーの行動を促すことが必要不可欠です。

製品やサービスがユーザーの内部トリガーに密接に結びついている場合、ユーザーは自然に製品に戻ってくる可能性が高まります。例えば、あるアプリがユーザーのストレスを軽減する機能を提供している場合、ユーザーはストレスを感じたときに自然とそのアプリを開く傾向があります。このような内部的な欲求や感情に基づいて行動することで、ユーザーは製品やサービスとの関係を強化し、定期的に利用する習慣を築くことができます。

内部トリガーは、ユーザーが製品やサービスを必要とする理由を自発的に感じることを促す役割を果たします。このため、製品やサービスを設計する際には、ユーザーの内部的な欲求や感情を理解し、製品がそれらにどのように応えるかを考慮することが重要です。内部トリガーを適切に活用することで、ユーザーが自然と製品やサービスを利用する習慣が生まれ、リテンション率の向上につながります。

まとめ

復帰したユーザーについては、製品に引き戻した外部のきっかけを特定することが重要です。外部トリガーや内部トリガーを適切に活用することで、製品の成長とユーザーの満足度を高めることが可能です。適切なトリガーを設定し、ユーザーの再エンゲージメントを促すことで、製品やサービスの利用率を向上させることができます。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  2. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  3. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  4. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?

関連記事

  1. マーケティング

    EC企業におけるDXのビジネスモデル

    前回EC業界でDX(デジタルにおける変容)を実現するための市場とデ…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションを極めよう!分析ツールで理解するユーザーの行動

    プロダクトを運営する際、ユーザーリテンション(顧客維持率)の理解は成功…

  3. マーケティング

    ビジネスで勝つために知っておきたいDX(Digital Transformation)

    感染症拡大の影響もあり、デジタル化の普及は必須の時代となりました。デ…

  4. マーケティング

    ライブコマースの需要

    ライブコマースとはECサイトとライブ配信を組み合わせた販売形式のこ…

最新の記事

  1. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  4. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
PAGE TOP