マーケティング

 

割引クーポンがもたらす復帰率の向上について徹底解説!

本記事では、割引クーポンの効果についての実例を通じて、休眠ユーザーの復帰を促進する重要性に迫ります。
実際のオンデマンド企業がどのように割引クーポンを利用して復帰率を向上させたかを具体的なデータと共に解説します。

過去記事では、休眠ユーザーを復帰させるためのアプローチをご紹介しています。

休暇ユーザーと復帰ユーザーとは?

休眠ユーザーとは、一定期間にわたってサービスや製品の利用を停止しているユーザーのことを指します。これは、アプリの利用、サブスクリプションの更新、ウェブサイトの訪問など、あらゆる種類のユーザーアクティビティに適用されます。休眠ユーザーは、以前はアクティブだったかもしれませんが、一定期間以上何らかの理由で活動が停止しています。

一方、復帰ユーザーとは、休眠状態から戻ってきて、再びサービスや製品を利用し始めたユーザーのことを指します。復帰ユーザーは、一度は離れていたものの、あるきっかけで再びサービスに興味を持ち、利用を再開したユーザーです。復帰ユーザーの再活性化は、企業やプロダクトにとって重要な成果をもたらすことがあります。

割引オファーの受け取りと復帰率

まずはじめに、割引オファーを受け取った復帰ユーザーと受け取っていない復帰ユーザーの比較を通じて、割引オファーが復帰率に与える影響を明らかにします。

この比較は、某オンデマンド企業が一定期間活動を停止していたユーザーに対して割引クーポンのメールオファーを送信している状況で行われました。その結果、割引クーポンのオファーを受け取ったユーザーの方が復帰率が高いことが明らかになりました。具体的には、全復帰ユーザーの22%が割引クーポンを受け取っていることが判明しました。

このデータは、割引クーポンのオファーが復帰率に与えるポジティブな影響を示唆しています。割引は、ユーザーにとって魅力的なインセンティブとなり、復帰のモチベーションを高めることができます。また、割引オファーは、復帰ユーザーが再びサービスや製品を利用することを奨励する一方で、企業側にとっても収益を増加させる効果が期待できます。

この割引オファーを受け取ったユーザーの復帰率が高い理由には、いくつかの要因が考えられます。
まず、割引はユーザーにとってリスクを軽減する効果があります。再びサービスや製品を利用することに不安を感じていたユーザーにとって、割引は試す価値があると感じさせる要因となります。
さらに、割引は復帰ユーザーに対する特別な扱いを示すことで、彼らの関心を引き付けることができます。これにより、復帰ユーザーは自分たちが重要な存在であると感じ、サービスや製品に対するロイヤルティが高まる可能性があります。

割引クーポンと注文完了率の関係

次に、割引クーポンを受け取ったユーザーと受け取っていないユーザーの間での注文完了率の比較を通じて、割引が注文完了率に与える影響を分析します。

割引オファーを受け取った復帰ユーザーとそうでない復帰ユーザーとの間で、クリティカルファネルのコンバージョン率を比較したところ、驚くべき結果が明らかになりました。割引オファーを受け取った復活ユーザーの94.5%が注文を完了したのに対し、他の復帰ユーザーではわずか26.5%にとどまりました。この大きな差異は、割引が注文完了率に与えるポジティブな効果を示唆しています。

割引を受け取った後にアプリに戻ったユーザーのほぼ全員が注文を完了したことも、割引オファーが注文完了率に与える影響の重要性を強調しています。このことからも、割引が復帰ユーザーの購買意欲を高め、注文の確率を向上させることがわかります。割引は、ユーザーが再びサービスや製品を利用することを奨励するだけでなく、彼らが実際に購入を完了する確率を高めることができる効果的なツールであることが示されました。

割引プログラムの長期的影響

最後に、割引オファーを受け取ったユーザーとそうでないユーザーの間での月次リテンションの比較を通じて、割引プログラムが長期的な影響をどのように持つかを検証します。

まず、特別なオファーを受けた復帰ユーザーが、月毎のリテンションで有意に高い確率でリテンションしていることが確認されました。これは、割引プログラムがユーザーの定期的な利用を促進し、長期的な顧客関係の構築に貢献していることを示唆しています。割引を通じて顧客がリピート注文を行う確率が高まり、企業にとって持続的な収益源となる可能性があります。

さらに、割引プログラムが長期的に購買を増加させる大きな効果があることが示されました。割引オファーを受けたユーザーが注文を継続する確率が高く、その結果、企業の売上や利益が拡大する可能性があります。このような長期的な影響は、割引プログラムが企業の成長戦略において重要な役割を果たすことを示唆しています。

以上の結果から、オンデマンド企業は、割引プログラムをより多くの休眠ユーザーに拡大し、復帰を促進することを決定しました。割引を通じて顧客の再エンゲージメントを促進し、長期的な顧客関係の構築を支援することで、企業は市場競争力を向上させ、持続可能な成長を実現することができるでしょう。

まとめ

この実例から、割引クーポンのメールが休眠ユーザーの復帰を促進するための強力な手段であることが分かります。割引プログラムは、リピーターを獲得し、注文を増加させる効果があり、長期的なリテンションにも貢献します。このようなプログラムは、休眠ユーザーの再参加を促進し、企業の成長に寄与する重要な戦略の一環として採用されるべきです。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. マーケティング

    メルマガ担当必見!開封率を高める件名のポイントご紹介②

    メールマーケティングは日々進化し、受信トレイで読者の目を引くことはます…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの準備〜まとめ編〜

    これまでの記事では、リテンションマーケティングのための準備段階として、…

  3. マーケティング

    新しい成長戦略のプロダクトレドグロースとは

    企業が成長を求める今日、犠牲を払ってまでの成長はもはや選択肢ではありま…

  4. ECサイト

    コンバージョンレート(CVR)を上げるCVボタンの配置

    ECサイトでも売上向上には重要な要素であるコンバージョンレート。今回…

  5. マーケティング

    ECサイトの売上向上には「復帰ユーザー」が重要!

    ECサイトの売上向上に欠かせないのは、復帰ユーザーのリテンション率をし…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ECサイトでリピーター率を伸ばすマーケティング方法

    自社のECサイトで売上を伸ばし、リピーターを増やすことを目指している方…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  2. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  3. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  4. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  5. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
PAGE TOP