ECサイト

Fireworkライブコマースで1万人超えの集客

EC業界で話題になっているライブコマース。
今回は集客1万人を超えたFireworkをつかったライブコマースについてお話していきます。

Fireworkとは


30秒の縦型動画を投稿できるSNSプラットフォーム。
しかし、それだけではありせん。
Fireworkは30秒の動画編集・作成・投稿の他に、手軽にサイトに動画を埋め込むことができたり、自社サイト上でライブコマースを行うことができます。

ライブコマースとは


ライブコマースとは、テレビショッピングのライブ配信版。ライブ配信しながら商品を販売することです。
現在、ライブコマースができるアプリケーションがさまざま登場するほど注目させています。

次に、ライブコマースで1万人を集客したFireworkの特徴についてお話していきます。

Fireworkの特徴


商品購入までのフローが少ない

Fireworkでは自社サイト上でライブ配信を行うことができるため、購入ページまでページ移動等のフローが少なくユーザーが商品を購入しやすくなります。

ライブ配信を見ながら商品購入が可能

ライブ配信映像を表示させながらサイト閲覧や商品購入が可能なので、ライブ配信を閉じたり開いたりしなくても商品の詳細について調べることができたり、商品を購入したりすることができます。

自社サイト上で販売可能

SNS上でのライブ配信では、詳細な分析が難しいですが、Fireworkでは自社サイトでライブ配信ができるので、ライブ配信時から商品購入までのユーザー分析がしやすくなります。

複数のプラットフォームで同時配信が可能

FacebookやYoutube、Instagramなど複数のプラットフォームで同時ライブ配信が可能。

SNSプラットフォームからもライブ配信できることで、自社サイトのみでの配信に比べて集客率が格段に上がります。

1万人超えの集客をしたライブコマース


Fabindiaとは、インドのライフスタイルブランド。
食器や家具、洋服などを販売しています。
Fireworkの機能をつかってFabindiaとAMMARASS RECORDがコラボ配信を行いました。
インドの独立記念日である8月15日に合わせて、8月14日にライブ配信を実施。
AMMARASS RECORDは伝統音楽で著名な方々のパフォーマンスを提供し、独立記念日のお祝いとしてライブ配信をより一層盛り上げました。

ライブ配信で使用した7つのプラットフォーム

  • FireBrands Live
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
    (Instagram、Facebook、YouTubeはFabindiaとAMMARASS RECORDのアカウントで実施)

注目すべきは、以下7つのプラットフォームを使ったライブ配信。
これにより、1万人を超える集客に成功しました。
ライブ配信中にチャットで視聴者からの質問に答えることもでき、商品に対する疑問にその場で応答。満足度アップに繋がっています。

Fabindia
https://www.fabindia.com/

まとめ


今回は、Fireworkのライブコマース機能についてお話してきました。
複数のプラットフォームで同時配信できることで、集客に成功したFirework。
ECサイト運営者は注目すべきサービスです。


RefineはECのチカラで 『時間を作り出す価値』を提供します。
様々なカスタマイズにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    EC×NFTで次世代ECサイトへ

    NFTシリーズ第3弾!ということで、NFTとECサイトが融合した次世…

  2. Firework

    Firework動画をWebサイトへ組み込む方法

    専門知識がなくても簡単に動画をWebサイトに取り込むことができるB2…

  3. ECサイト

    今、ECサイト運営者が知っておきたいマーケティングDX

    日本全体が推進しているDX。今回はDXの中でもマーケティングDXにつ…

  4. ECサイト

    Amazon出品のメリット・デメリットと販売事例

    前回はベンダーセントラルとセラーセントラルの違いにつ…

  5. ECサイト

    コンバージョンレート(CVR)を上げるCVボタンの配置

    ECサイトでも売上向上には重要な要素であるコンバージョンレート。今回…

  6. ECサイト

    受注から発注まで頼れるシステムOMSとは?

    多店舗展開したら受注から出荷までの業務量が倍になった、なんてことはな…

最近の記事

  1. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  2. ECサイト

    新しい接客サービス「LINE STAFF START」ってなに?
  3. SNSマーケティング

    TikTokの企業活用
  4. その他

    グーグルのAI bot搭載メッセージングアプリ「Allo」
  5. ECサイト

    NFTとECサイトの関係性
PAGE TOP