SNSマーケティング

 

フォロワー増加?Instagramの検索シグナル

 

SNSマーケティングを成功させるためには、使用しているプラットフォームがどのような仕組みでアカウントやハッシュタグ、コンテンツを表示させているのかを把握する必要があります。
今回は、Instagramが公式で発表している検索シグナルについてお話ししていきます。

検索シグナルの種類


Instagramの公式では検索のシグナルを公表しています。
ここから具体的な検索シグナルについてお話ししていきます。

検索テキスト

Instagramは画像をメインに取り扱うSNSプラットフォームですが、検索バーに打ち込みテキストが最も重要なシグナル(合図、信号の意)とされています。
入力した内容を 関連するユーザーの

  • 経歴
  • 場所
  • キャプション
  • ハッシュタグ

と一致させようとします。

検索ニーズを上げるためには、写真だけではなくテキスト部分を重要視する必要があります。
つまり、検索されそうなワードを、プロフィールやユーザー名、コンテンツのハッシュタグに盛り込むことでユーザーの検索にヒットする可能性が高まることを意味していると考えられます。
そして、位置情報も検索シグナルに含まれているので、プロフィールに位置情報を設定することも、PV数アップには有効な手段です。

また、投稿をより多く発見してもらうには「コメント」ではなく「キャプション」にハッシュタグやキーワードを入れ込むこと。
キャプションとは、Instagramの投稿に対する説明文のことです。
このようにInstagramの検索シグナルにそって運用していことで、ユーザーにコンテンツを見つけてもらいやすくなります。

アクティビティ

フォローしているアカウントや、閲覧した投稿、過去にどのようにアカウントと交流しているかといったアクティビティが含まれています。

たいていフォローしているアカウントやハッシュタグが表示されるようになっているので、運用するアカウントのKGI(目標)やKPI(目標達成の指標)やペルソナ(具体化したターゲット)を定めることで、より明確にターゲティングをすることができます。

検索結果についての情報

検索結果の候補がたくさんある場合、特定のアカウントやハッシュタグ、位置情報へのクリック数やいいね、シェア、フォローといった「人気」についてのシグナルも見ています。
「 人気があればあるほど良いのはあたりまえ」と思うかもしれませんが、なぜクリック数やいいね、フォローが多いといいのかは、この項目で明確になりました。
クリック数が多い、シェアされた数が多い、フォロワーが多い、など人気があればあるほど、表示されやすいような仕様になっています。

これからのInstagram


コンテンツ検索に使えるキーワードの拡張を行っています。
現在は英語でキーワードサーチにフォーカスして拡張が行われていて、今後他の言語もサポートする予定です。
また、検索結果を発見に適したものになる予定。
例えば「space」と入力すると宇宙に関連した写真や動画を表示するようになります。
ユーザーが「特にキーワードやハッシュタグは思いつかない」といった場合に、ユーザーが目的のコンテンツ発見が更に便利になるように改善されようとしています。

参考記事はこちら

まとめ


今回はInstagramの検索シグナルについてお話ししていきました。

Instagramを使ったSNSマーケティングを行う際は、検索シグナルを知った上で運用を行うことで、ユーザーの検索にヒットする確率が上がり、商品周知などを効果的に行うことができます。

検索シグナルに沿ったプロフィールの記載や、コンテンツを作成して、SNSマーケティングを成功させましょう!


Refineは上級SNSエキスパート検定資格保持者が在籍しています。SNS運用に関するお悩みやECサイト構築の相談など、お気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

ピックアップ記事

  1. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  2. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  3. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  4. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ

関連記事

  1. SNSマーケティング

    TikTokの企業活用

    世代問わず絶大的な人気を誇る動画アプリ「TikTok(ティックトック)…

  2. SNSマーケティング

    フォロワー増加するインスタグラム運用のやり方

    多くの企業で、SNSを活用したマーケティングが実施されています。SN…

  3. SNSマーケティング

    2023年版 EC運用におけるSNSの役割の変化

    インターネットが普及し、SNSで情報を得ることが当たり前に行われている…

  4. SNSマーケティング

    企業のSNS運用代行

    最近、SNSエキスパート検定という名の検定も登場し、ますます注目を集め…

  5. SNSマーケティング

    Messenger botの可能性について

    Fecebookメッセンジャーボットとは?2016年4月、Face…

  6. SNSマーケティング

    Facebook社名変更由来のメタバース

    2021年10月28日に旧Facebook社は、社名を「Meta(…

最新の記事

  1. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  2. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  3. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  4. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
PAGE TOP