ECサイト

Amazon出品で知っておきたい、ベンダーセントラルとセラーセントラルとは?

世界でもトップクラスのモール型ECサイトのAmazon。
Amazonには2つの販売方法があります。
今回は、Amazonの販売プログラム、ベンダーセントラルとセラーセントラルについてお話ししていきます。

ショッピングモールとは?ECサイトの種類についてはこちら

ベンダーセントラルとは


ベンダーセントラルとは、Amazonで運営する企業や個人向けの販売プログラムです。
販売主がAmazonに商品を納品し、Amazonに商品販売を一任する販売形態になります。
価格設定、広告の打ち出し、商品の梱包などのすべてをAmazonが行います。
生活必需品などの商品単価が低い商品がよく売れる傾向にあります。

メリット


  • 販売プロセスが簡素化できる
  • 消費者からの信頼を得られる

販売プロセスを簡素化できる

価格設定、広告の打ち出し、商品の梱包などのすべてをAmazonが販売を一括で行うため、販売プロセスが簡素化できます。

消費者からの信頼を得られる

商品購入ページで「この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します」と表示されるため、消費者からの信頼を得が得られ、売上が上がりやすくなります。

デメリット


  • 利益が想定よりあがらないケースがある
  • 新商品販売ができないことがある
  • 適切な在庫管理難しい

利益が想定よりあがらないケースがある

Amazonが価格設定を行うため最低価格が変動し、「想定していた利益より上がらない」なんてケースもあります。

新商品販売ができないことがある

Amazon側で商品を買い取ってもらえない場合、新製品の販売ができません。

適切な在庫管理難しい

注文書作成の基準が厳しく、適切な在庫管理を行うことが難しいです。

セラーセントラル


セラーセントラルとは、Amazonで運営するメーカーや卸向けの販売方法です。ベンダーセントラルとは異なり、招待制のプラットフォームになります。

販売主が直接消費者に販売する販売形態で商品単価が高いものに適しており、価格設定から配送まで自社で行います。

メリット


  • ベンダーセントラルより利益率が高い
  • 主体的な販促発動を行うことができる
  • 商品の保管・発送を委託することも可能

ベンダーセントラルより利益率が高い

価格設定が自社で可能なため、ベンダーセントラルに比べて利益率が高い傾向にあります。

主体的な販促発動を行うことができる

自価格や在庫を管理して売上のコントロールを行うなど、販売者が主体となって販促活動を行うことができます。
また、Amazonでは詳細な販売分析を行うことが可能で、製品の販売状況を細かく知ることができます。

商品の保管・発送を委託することも可能

フルフィルメント by Amazonを(FBA)利用すれば、商品の保管から発送までAmazonに委託することができ、発送手続きの手間が省けるなどのメリットがあります。

デメリット


  • FBAは月額利用料がかかる
  • FBAを利用していないと信頼獲得が薄れることも

FBAは月額利用料がかかる

フルフィルメント by Amazonを(FBA)を利用する場合は月額利用料がかかります。
そのため価格競争が乏しくなる可能性も。

FBAを利用していないと信頼獲得が薄れる

セラーセントラルの場合、FBAを利用しないと「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します」表示が出ないので、顧客の信頼獲得が薄れる場合があり、更には商品保証も自社で行うことになるため、ユーザーが購入をためらう可能性があります。

まとめ


今回はAmazonの販売プログラム、ベンダーセントラルとセラーセントラルの違いについてお話ししていきました。
モールでの商品販売は、商品周知に効果的な戦略のうちのひとつです。
自社商品とAmazonの相性を考えて、自社ECサイトと並行して活用するなどして売上向上のために取り入れてみてはいかがでしょうか。


RefineはECのチカラで 『時間を作り出す価値』を提供します。
様々なカスタマイズにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-

    弊社ではShopifyとEC-CUBEを使い、ECサイトの構築を行っ…

  2. ECサイト

    ECサイト構築で知っておきたい決済方法 -自宅決済-

    ECサイトに欠かせない決済機能ですが、決済方法には様々な種類がありま…

  3. ECサイト

    拡大するQRコード決済とECサイトの関係

    近年「PayPay」(ペイペイ)や「LINE Pay」など、QRコード…

  4. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-

    ECサイトの顧客情報と営業管理ツールが連携したらいいな。そんな希望を…

  5. ECサイト

    EC-CUBEとSalesforceでできるインバウンドマーケティング

    ECサイトを運営していれば自然と膨大な量が集まる顧客リスト。その顧客…

  6. ECサイト

    Fireworkライブコマースで1万人超えの集客

    EC業界で話題になっているライブコマース…

最近の記事

  1. ECサイト

    これからブーム?CBD製品をECサイトで取り扱うには
  2. マーケティング

    EC企業におけるDXの市場とデータ
  3. マーケティング

    EC企業におけるDXのビジネスモデル
  4. SNSマーケティング

    フォロワー増加するインスタグラム運用のやり方
  5. ECサイト

    ECサイトとインスタグラム
PAGE TOP