ECサイト

 

ECサイト運営者がすべき見込み顧客の集め方

「商品に興味はあるけど購入にはいたらない」
そんな見込み顧客を見つけ出すためにECサイト運営者がすべきことは何でしょうか。
今回は、まだ自社商品を知らない潜在顧客から商品に興味を持った見込み顧客にする、ECサイトがすべき見込み顧客の集め方についてお話していきます。

ECサイトでの見込み顧客の集め方


見込み顧客とは、商品に興味はあるものの購入には至っていない消費者のことを表しています。
問い合わせメールを貰ったり見積もりを出したりするBtoB事業者とは異なり、ECサイトを運営する上で「見込み顧客」の集客や判別は意外と難しいものです。

ECサイトで商品の購入前の見込み顧客情報を収集するためには、大きく分けて2つの方法が考えられます。

  • 会員登録をしてもらう
  • メルマガの登録をしてもらう

それでは、上記2点を実行するためにはどのような施策を打ち出したらよいのか。
その一例をご紹介します。

会員登録


会員限定サイトにする

会員限定のサイトにしてゲストは購入できないようにすると、必ず「会員登録」が必要になります。
「会員」であれば、商品を購入していなくてもかなり興味を持ってもらっている見込み顧客であることがわかります。
加えて、会員限定で先行発売や限定発売等にする等の施策も打ち出すことができます。

お気に入り機能の搭載

お気に入り機能を搭載することで、会員登録の敷居を下げて登録してもらうことができ、商品の購入前でも顧客情報を取得することができます。

ポイント機能をつける

ポイントをつけることで、お気に入り機能と同じく会員登録の敷居を下げて登録してもらうことができます。
これにより商品の購入前でも顧客情報を取得することができます。

メルマガの登録


クーポンの付与

「今メルマガ登録すると10%OFFクーポンをプレゼント!」などにすると、自社商品に関心の高い消費者に登録してもらうことができ、見込み顧客の判別をすることができます。

オープン情報の提供

新規立ち上げの際にSNS告知して、詳細な情報はメルマガにて情報入手できるような仕組みにすることで、見込み顧客情報を得ることができます。

公式LINEの登録

公式LINE登録に促すことで、見込み顧客を見つけ出す事ができます。
消費者から見るとメルマガを登録するよりLINEを使っていれば簡単に登録することができます。

兎にも角にも「会員になっておいた方が良い!」と思われるようなメリットを作っておくことで会員登録やメルマガ登録につなげることができます。

見込み顧客のアプローチ方法!

見込み顧客を集めるだけでは売上は向上しません。
その後の活用方法はこちらで紹介しています!

まとめ


今回は、ECサイトがすべき見込み顧客の集め方についてお話していきました。
会員登録やメルマガなんてありきたり。
と思うかもしれませんがECサイトの運営戦略としては効果的な手法です。


RefineはECのチカラで 『時間を作り出す価値』を提供します。
様々なカスタマイズにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

ピックアップ記事

  1. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  2. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  3. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. ECサイト

    これからは個人の時代?D2CとP2Cの違いとは

    今まではメーカーから卸、小売店を介する販売形態だったのに対して、E…

  2. ECサイト

    UUUMが採用したShopify Plusとは?

    大手Youtuber事務所のUUUM株式会社が、公式…

  3. ECサイト

    ECサイト運営者がすべきインボイス制度の対応とは?

    インボイス制度とは?インボイス制度とは、複数税率に対応した消費税の…

  4. ECサイト

    レンタルビジネスについて

    “毎日使わないけど、今だけ欲しい!”そういったものは、「買う」から…

  5. ECサイト

    なりすましを防止する多要素認証(MFA)

    最近では、パスワードだけでなくSMSや顔認証などを使用する「多要素認…

  6. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    ファネル分析で ECサイトの売上アップ

    今回は『ユーザー行動分析』を活用して EC サイトの売上アップを目…

最新の記事

  1. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  4. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  5. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
PAGE TOP