ECサイト

ダウンロード版EC-CUBEとクラウド版ec-cube.coの違いとは?

EC-CUBEには、「ダウンロード版のEC-CUBE」と「クラウド版のec-cube.co」があります。
今回は、ダウンロード版のEC-CUBEとクラウド版のec-cube.coの違いについてお話ししていきます。

機能について


機能面はEC-CUBE4系がベースとなっていて、搭載されている機能は同じです。

4系で使用可能な各種決済を含めたプラグインや、デザインテンプレートを使うことができます。

【機能一覧】

https://www.ec-cube.net/product/functions.php?argument=2qpV46CP&dmai=a5e40a973e9519

サーバについて


EC-CUBE ec-cube.co
必要不要

ダウンロード版EC-CUBEでは、別途サーバの準備が必要になります。
しかし、自由にカスタマイズができるので、サーバ負荷がかかるタイミングで増強させるなどの対応が可能です。
そのため、アクセスが集中してサイトが表示されないなどの現象をあらかじめ対策を講じることもできます。

反対に、クラウド版のec-cube.coでは、サーバは用意する必要ありません。EC-CUBE側でサーバ保守をおこなってくれるので、用意から管理のやコストを省くことができます。
しかし、自社でカスタムができないためサーバ負荷がかかるタイミングでの調整などはできません。

料金について


ダウンロード版は無料でインストールが可能(別途サーバ代がかかる)。

クラウド版ec-cube.coの利用料は以下の通りです。

販売額/月システム利用料
0〜500万円39,800円
〜700万円49,800円
〜900万円59,800円
1000万円以上64,800円

【ec-cube.co 公式より】

https://www.ec-cube.co/pdf/service.pdf

ダウンロード版EC-CUBEであれば、1,000円前後のレンタルサーバで動かすことは可能です。
そのため、ダウンロード版EC-CUBEに比べるとec-cube.coの方がランニング費用が上回る場合も。

クラウド版ec-cube.coは、2週間の無料トライアルもあるので、お試しいただけます。

容量について


ダウンロード版EC-CUBEもクラウド版ec-cube.coも、商品登録数やデータ容量に制限はありません。

まとめ


今回は、EC-CUBEとec-cube.coの違いについてお話ししていきました。

機能的な差はないので、バックエンド関係に着目して選定する必要があります。
自社商品の特徴や現在のECサイト運営状況で適切な方を選んできましょう。

【クラウド版ec-cube.co】

https://www.ec-cube.net/product/co/#co_faq_function


Refineは上級SNSエキスパート検定資格保持者が在籍しています。SNS運用に関するお悩みやECサイト構築の相談など、お気軽にお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-

    ECサイトの顧客情報と営業管理ツールが連携したらいいな。そんな希望を…

  2. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-

    弊社ではShopifyとEC-CUBEを使い、ECサイトの構築を行っ…

  3. ECサイト

    これから伸びるEC市場と今行うべきサイト改善

    感染症拡大の影響を受けたこともあり、オンラインショップの利用が急激に…

  4. ECサイト

    ツイッター新機能の紹介

    140文字の短文を投稿できるアプリ「ツイッター」。最近では、採用など…

  5. ECサイト

    レンタルビジネスについて

    “毎日使わないけど、今だけ欲しい!”そういったものは、「買う」から…

  6. ECサイト

    これからブーム?CBD製品をECサイトで取り扱うには

    アメリカで流行中のCBD製品。合法大麻とも呼ばれてい…

最近の記事

  1. ECサイト

    ECサイト構築で知っておきたい「チャージバック」
  2. SNSマーケティング

    企業のSNS運用代行
  3. マーケティング

    動画マーケティングでの成功事例
  4. ECサイト

    後払い決済について
  5. ECサイト

    ECサイト運営者が知っておきたいメールマーケティングの種類
PAGE TOP