マーケティング

ビジネスで勝つために知っておきたいDX(Digital Transformation)

感染症拡大の影響もあり、デジタル化の普及は必須の時代となりました。
デジタル化普及も相まって、DXの重要性が日々増していきます。

今回は、ビジネスで勝つため知っておきたい「DX」とはなにかを解説していきます。

DX(Digital Transformation)とは

DX(Digital Transformation)とは、2004年にスウェーデンの
ウメオ大学教授エリック・ストルターマンが提唱し生まれました。
Transformationは日本語で「変容」、直訳すると
「デジタルによる変容」という意味。
デジタル技術を用いることで、生活やビジネスが変容していくことをDXと言います。
ストルターマンは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と定義しています。

英語圏では「Trans」(交差する)を省略する際にXと表記することが多く、
「Transformation」が「X」に代わって「DX」と表記するようになったようです。

その後、日本では経済産業省が2018年12月に
「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」を発表。
現在はデジタル技術を活用した社会や生活の変革に、日本全体で焦点を当てています。

次に、実際にどんなDXがあるのかみていきましょう。

DX事例

今回は、3つのDX事例をご紹介します。

  • 行動のDX
  • 知識や経験のDX
  • モノのDX

行動のDX

ECプラットフォームが拡大されたことで、店舗に足を運んで商品を
買いに行くという行為がデジタルに置き換わり、
どこにいても好きなものが買えるようになりました。

知識や経験のDX

ユーザーに適した推薦商品を自動で表示する「レコメンド機能」。
これまでは、店員さんの知識や経験をもとにお客様に商品を勧めていたものでした。
これをDX化することでお客様が何を欲しているのか
判断することをデジタル化しています。

モノのDX

最近は定額会員登録することで、さまざまな映画やアニメが見れる
サブスクリプションが多数あります。
これはもともと、ビデオやDVDをレンタルしないと見られないものでした。
DX化することで、いつでもどこでも見たい映画やアニメを見ることが
できるようになりました。

まとめ

今回は、DXというマーケティング用語について解説していきました。

日本全体でデジタル化が進んでいる昨今、DXの重要性はどんどん増しています。
DXを起こしたい業界では何が起こっているのか。
デジタルを使ってどのように改革していくべきなのかを考えていくことが
革命を起こす鍵となります。

次回はECにおけるDXについてご紹介していきます。

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. マーケティング

    消費者行動モデル「DECAX」とは

    コンテンツマーケティング全盛期の今、消費者が購買に至るまでの過程を具体…

  2. ECサイト

    これからは個人の時代?D2CとP2Cの違いとは

    今まではメーカーから卸、小売店を介する販売形態だったのに対して、EC…

  3. マーケティング

    中国のセールが日本に与える影響

    今年も、中国最大のセールイベント『独身の日』が11/11に開催され、ま…

  4. マーケティング

    拡大するサブスクリプション

    近年、サブスクリプションという言葉をよく耳にするようになりました。サ…

  5. ECサイト

    これから伸びるEC市場と今行うべきサイト改善

    感染症拡大の影響を受けたこともあり、オンラインショップの利用が急激に…

  6. ECサイト

    コンバージョンレート(CVR)を上げるCVボタンの配置

    ECサイトでも売上向上には重要な要素であるコンバージョンレート。今回…

最近の記事

  1. その他

    5Gにより進化するAR技術
  2. ECサイト

    サイトが繋がらなくなったら開発ベンダーに確認すべきこと
  3. ECサイト

    ECサイト構築で知っておきたい決済方法 -自宅以外の決済-
  4. SNSマーケティング

    ECサイト誘導に適したInstagramのショッピング機能
  5. ECサイト

    後払い決済について
PAGE TOP