業界の話題

インスタグラムの運用フロー

多くの企業で、SNSを活用したマーケティングが実施されています。
SNSを利用するユーザー数も年々増加傾向にあり、新たなターゲット層へのアプローチも期待できます。


まずは目的を決める

SNSマーケティングを始める前に、KGI(目的)を決めましょう。
KGIとは、最終的なゴールのことを指します。

KGI(目的)


・認知度拡大
・売上向上
・自社ブランディング
・自社サイトへの流入数向上

そして、KGIを達成するための指標のことをKPIといいます。
目的達成までのプロセスとして必要な指標になるので、KPIも設定しましょう。

KPI(指標)


・いいね数
・フォロワー数
・インプレッション数
・エンゲージメント率
・自社サイトクリック数

ペルソナを決める

ペルソナとはより具体化したターゲットのことを言い、「自社にとって最も重要で象徴的なお客様」像です。
年齢から性別、職業、家族構成、居住地まで詳しく設定します。
ペルソナに合わせてどのSNSを利用するかが決まります。
どのようなコンテンツを発信するかを考える際に、ペルソナは重要な指標となります。

利用するSNSを決める

目的やペルソナが決まったら、利用するSNSを決めます。
各SNSの特徴を参考に、どのSNSを活用するのか検討しましょう。
以下、各SNSの特徴です。

Twitter

・アクティブユーザー数3,300万人
・リアルタイム性に長けている
・拡散力がある
・ニュースやトレンドなどの情報ツールとしても利用される
・ユーザーの半数以上が29歳以下

Instagram

・アクティブユーザー数4,500万人
・写真や動画がメイン
・世界観を表しやすい
・ユーザーの約半数が29歳以下
・女性の利用が多い

Facebook

・アクティブユーザー数2,800万人
・公式な情報
・公私の繋がりが多い
・若年層の利用率が低い

Line

・アクティブユーザー数8,100万人
・お得な情報
・メッセージとタイムラインの2つを併せ持つ
・通話やトークなどモバイルのアクティブユーザーが多い
・トークの開封率が他のSNSよりも高い

投稿スケジュールを立てる

利用するSNSが決まったら、月間スケジュールと原稿表を作成します。
1ヶ月分の月間スケジュールを月初に立て、原稿表には投稿内容を入力します。
あらかじめ決めておくことにより、投稿もれを防げます。
また、原稿もまとめて1ヶ月分作成しておくことがベストです。

ハッシュタグを有効活用

インスタグラムの投稿がきっかけで、実際にアクションを起こしたことがある人は約84%に昇ります。
投稿を見つけてもらうために効率的なのが、ハッシュタグ検索です。
ハッシュタグは1投稿につき30個までつけることが可能です。
人気のハッシュタグはそれだけ投稿数も多いので、埋もれてしまう可能性があります。
目立つためにも、オリジナルのタグや、投稿数の低いタグを狙っていくのも一つです。

効果測定で運用の見直しを

インスタグラムの分析は、アプリ内のインサイトで確認することができます。
閲覧回数や自社サイトへのアクセス数などを分析し、反応の高い/低い投稿にはどのような特徴があるのかを明確にします。
また、インスタグラムではフォロワーが100人になるとフォロワーの詳細(年齢層・性別・居住地など)が確認できるようになります。
初期段階は、まずフォロワーを集めるところから始めるのも一つです。

キャンペーンの活用でフォロワー増加

キャンペーンの応募条件に「フォロー必須」と入れることで、効率的にフォロワーを獲得できます。
また、多くのユーザーに参加してもらうためには、参加ハードルを低くしたり魅力的なコンテンツである必要があります。
しかし、キャンペーン後はフォローを解除される可能性が高くなります。
そのため、ユーザーとの日々のコミュニケーションが非常に重要となってきます。
キャンペーンをして終わりではなく、その後に繋げる行動を心がけましょう。


Reifneでは代表大塚がSNSエキスパート検定上級の資格を取得しており、運用代行のお手伝いもしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

SNS運用代行の依頼はこちら


ピックアップ記事

  1. ECサイトとインスタグラム
  2. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. 業界の話題

    中国のセールが日本に与える影響

    今年も、中国最大のセールイベント『独身の日』が11/11に開催され、ま…

  2. 業界の話題

    拡大するQRコード決済とECサイトの関係

    近年「PayPay」(ペイペイ)や「LINE Pay」など、QRコード…

  3. 業界の話題

    ビジネスで勝つために知っておきたいDX(Digital Transformation)

    感染症拡大の影響もあり、デジタル化の普及は必須の時代となりました。デ…

  4. 業界の話題

    飲食業界のサブスク

    定額制サービスとして、広く知られる「サブスク」。今や、実に様々な分野…

  5. 業界の話題

    ECサイト 動画活用

    FacebookやYoutubeのスマホアプリが動画広告に対応したこと…

  6. 業界の話題

    購買率を高める!レコメンドエンジン

    実店舗スタッフに趣味嗜好のヒアリングを受けて、自分好みの商品を提案され…

最近の記事

  1. 業界の話題

    中国のセールが日本に与える影響
  2. 業界の話題

    ネットで広がる学割サービス
  3. 業界の話題

    消費者行動モデル「DECAX」とは
  4. 業界の話題

    グーグルのAI bot搭載メッセージングアプリ「Allo」
  5. 業界の話題

    ECサイトとインスタグラム
PAGE TOP