マーケティング

 

スマホタッチで名刺交換!デジタル名刺「リットリンク∞カード」

プロフィールリンクまとめサービス「Lit.Link(リットリンク)」を提供しているTieUps株式会社が2023年5月に、スマートフォンにタッチするだけでプロフィールを伝えられるデジタル名刺「リットリンク∞カード」がリリースされました。
今回は「リットリンク∞カード」をご紹介いたします。

ブランディングリンク「lit.link(リットリンク)」とは?

デジタル名刺「リットリンク∞カード」

最近では個人や企業の活動を伝えるためにさまざまなSNSを駆使して発信している人がたくさんいます。
このような情報発信に長けた時代に「一秒でジブンを伝える。新しい出会いを体験できる」というメッセージを込めて作られたのがリットリンク∞カードです。

リットリンク∞カードの4つの特徴

  • スマホにタッチでOK!一度買えば無限∞に使える
  • 世界に一枚しかないオリジナルカード
  • リットリンクと連携できる
  • 届いたらすぐ使える
  • 名刺管理アプリと連携させる

スマホにタッチでOK!一度買えば無限∞に使える

リットリンクカードは従来の紙の名刺とは違い、スマホにタッチするだけでリットリンクをスキャンすることができるので、カード1枚で何回でも使うことができます。
交通系ICカードなどと同様のNFC機能を使っているため、スマホにタッチするだけでプロフィールサイトのURLを送れるので操作も簡単。
ID検索などの手間がなくなり、より多くの時間を他の会話に当てられます。

世界に一枚しかないオリジナルカード

リットリンク∞カードは決められたデザインではなく、オリジナルデザインを作成することができます
世界に一枚だけのオリジナルカードを作りましょう。

lit.linkと連携できる

リットリンク∞カードではlit.linkを連携できるので、簡単にSNSやホームページなどあらゆる情報をすぐ見せることができます。

届いたらすぐ使える

カードはあらかじめlit.linkのURLが設定された状態で手元に届きます。
そのため、届いてからは何も設定する必要はなく、届いたらすぐ使うことができます。

名刺管理アプリと連携できる

lit.linkでは名刺管理アプリ「Eight」との連携も可能です。
そのため、相手が紙の名刺だったとしても、この機能を利用することで一括管理できます。

料金表

リットリンク∞カードの料金は以下のとおりです。

オリジナルデザイン 3,980円
公式デザイン 3,480円
シンプルデザイン 3,480円

現在リリース限定価格で通常の約25%オフで販売されています!(2023年6月現在)
参照:https://shop.lit.link/

まとめ

今回はスマートフォンにタッチするだけでプロフィールを伝えられるデジタル名刺「リットリンク∞カード」についてご紹介しました。
SNSが名刺の代わりになりつつある現代において非常に便利なツールです。
最近ビジネス業界でどんどん注目を集めているデジタル名刺。
ぜひ一枚作ってみてはいかがでしょうか?

株式会社Refineでは、EC特化の制作会社として17年目になります。
制作実績500サイトを超える確かな開発力と、米国支援の最先端マーケティングを駆使したECのグロースマーケティングを支援しております。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  2. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  3. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  4. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?

関連記事

  1. マーケティング

    メルマガ担当必見!開封率を高める件名のポイントご紹介③

    メールマーケティングにおいて重要な、開封率を向上させるために押さえてお…

  2. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの準備〜効果的な計測に向けて〜

    マーケティングを開始する前に、準備は整っていますか?今回は、リテン…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    事例からみるペルソナマーケティング

    マーケティング戦略を成功に導く上で、初めに設定するべき要素の一つが「ペ…

  4. マーケティング

    プロダクトレッドグロース(PLG)に欠かせないテクノロジー

    業務効率が求められる昨今で、多くの企業が注目している「プロダク…

  5. マーケティング

    復帰ユーザーのリテンションに注目する

    近年様々な企業が行なっている「リテンション分析」。今回は、一度プロダク…

  6. マーケティング

    現行ユーザーリテンションの向上とその重要性

    ビジネスの成功において、現行ユーザーのリテンション(既存顧客維持)を向…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  4. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  5. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
PAGE TOP