ECサイト

NFTとECサイトの関係性

前回のブログでは、偽造することのできない代替不可能なデジタルデータである「NFT」に焦点を当ててお話しました。
今回は、すでに「NFT」の発行ができるECサイト型のマーケットプレイスがオープンされていますので、ご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください!

NFT×ECサイト

マーチャント・バンカーズ株式会社の子会社である、MBKブロックチェーン株式会社は、株式会社ケンテンが運営するショッピングサイト「KENTEN×lafan」のNFTコーナーを、新たに「NFT-LaFan」としてリニューアルしたことを発表しました。
国内初となるNFTを現物化したアート作品として販売するプラットフォームとして、よりECサイトに近い形としてサービスを提供しています。

NFTをより身近なものに

NFT-LaFan」は、NFTの証明付き商品を購入できるECサイトです。
これまでハードルが高かったNFTの取得までの工程を、まるでECサイトかのように短縮することで、暗号資産の利用に詳しくないユーザーにもNFTを届けることができます。
楳図かずお先生の直筆サイン入りフィギュアや、人気漫画「けっこう仮面」の撮影で使用された小道具など、貴重なお宝が掲載されています。

実物と交換ができる

NFT-LaFan」で取得した商品は、他のマーケットプレイスなどに2次流通させたり、Redeem(実物と交換)することもできます。
ただし、「NFT-LaFan」からの直接購入ではなくRedeemだけの場合は、別途送料や手数料等が掛かるので注意が必要です。

暗号資産で支払い可能

現金やクレジットカードだけでなく、さまざまな暗号資産での決済が可能になります。
それまでのNFTマーケットプレイスではイーサリアムでの決済が主流でしたが、「NFT-LaFan」では仮想通貨やビットコイン、MBKコインなど複数の決済に柔軟に対応しています。
また、サイトのプラットフォームはDeFiではなく、通常のECサイトと同様なので、安心して商品を購入することができます。

出品者側のメリット

出品者側は、デジタルデータだけでなく、Redeem(実物と交換)できるNFTのアート作品として出品することができます。
アート作品のRedeem(実物と交換)については「NFT-LaFan」のサイト上で対応できるので、発送作業などが発生することもなく、出品者側にとってもメリットが大きいでしょう。
ただ、大きいサイズの作品については、別途、保管に関する制限が設定される場合もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
デジタルデータの所有だけでなく、実物のあるNFT作品としての価値を見出している「NFT-LaFan」についてお話ししてきました。
今、私たちの身近にあるECサイトを介して、NFTに触れることができるようになってきています。
昨今のNFTブームがどこまで拡大するのか、今後も目が離せません。


弊社では各種SNSを運用しておりますので、是非ご覧ください!

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    オープンソースのECサイトプラットフォーム EC-CUBEとZenCartの違い

    ECプラットフォームの中でオープンソースのCMSとし…

  2. ECサイト

    新しい接客サービス「LINE STAFF START」ってなに?

    LINE株式会社と、スタッフDXのアプリケーションサービス「STAF…

  3. ECサイト

    ECサイト運営者がすべき見込み顧客の集め方

    「商品に興味はあるけど購入にはいたらない」そんな見込…

  4. ECサイト

    薬機法、EC事業者は知らないと危ない?

    健康食品や化粧品、サプリメントを取り扱うEC事業者は、薬機法を知らな…

  5. ECサイト

    後払い決済について

    後払い決済とはネットショッピングの決済方法は、以前はクレジット…

  6. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-

    ECサイトの顧客情報と営業管理ツールが連携したらいいな。そんな希望を…

最近の記事

  1. SNSマーケティング

    ECサイト誘導に適したInstagramのショッピング機能
  2. ECサイト

    ECサイト運営者が知っておきたいメールマーケティングの種類
  3. ECサイト

    オープンソースのECサイトプラットフォーム EC-CUBEとZenCartの違い…
  4. ECサイト

    コンバージョンレートを上げるCVボタンのデザイン
  5. ECサイト

    受注から発注まで頼れるシステムOMSとは?
PAGE TOP