ECサイト

「NFT」が注目されている理由

NFT(非代替性トークン)とは?

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、偽造することのできない代替不可能なデジタルデータのことです。2021年初頭から、急激に取引額が伸びています。
ブロックチェーン上にデジタルデータをアップロードすることにより、偽造や改ざんを防ぐことができます。
デジタルデータに唯一無二の価値をもたらすことができ、著作権やアート、ゲームなどのあらゆる分野での実用化が進んでいます。

1点ものという価値

NTF化されたデジタル絵画が約75億円で落札されたり、ツイッターの投稿ツイートが約3億1500万円で販売されたり、高額での取引が注目されています。
こうした高額で取引されている背景には、「1点モノ」を所有することへの価値が高まっているということが考えられます。
これまで1点モノの価値といえば、絵画など物理的に存在するものが多かったですが、NFTによりデジタル上のものに希少価値を持たせることが可能になりました。

暗号資産との違い

簡単に言うと、トークンが代替性か非代替性かということです。非代替性トークンのことを「NFT」というのに対し、暗号資産のような代替可能なトークンのことを「FT」といいます。
「NFT」は唯一性があるのが特徴ですが、反対に「FT」は他の暗号資産や現金と交換できるのが特徴です。

NFTの特徴

ユーザーが作成したデジタルデータを、ブロックチェーン上にアップロードすることで誰でも利用できるという容易さもあり、NFT市場は今後さらなる拡大が予想されています。

NFTのメリット

  • 唯一性を付与することができる
  • 誰でも購入や販売が可能
  • コピーや改ざんなど、偽造が不可能
  • 将来、価値が上がる可能性がある
  • 所有するNFTを自由に取引することができる

設定や条件をプログラムできる

データの持ち主は、NFTの取引時にあらゆる設定や条件を付与することができます。流通時、購入代金の一部が出品者に振り込まれるような設定にするなど、売上の一部を還元する仕組みもあります。
複雑な設定をつけて取引ができるので、出品者側からも注目を集めています。

手数料が発生する

NFTには、取引など契約が実行されるたびに「ガス代」と呼ばれる手数料がかかります。売買を行う時や、他者に送ったり受け取る時など、何かしらの取引が生じる際に発生します。
ガス代は、イーサリアムを発掘するユーザーが自由に価格を決められるので、NFTの需要が増えればガス代の高騰も避けられないと考えられています。

物理的な所有ができない

例えば、デジタルアートはモニターを通して鑑賞する必要があり、本物の絵画のように飾ることはできません。そのため、購入しても所持しているという実感が湧きにくいという課題があります。
出品者も、所有者に対していかに所持しているという実感を持たせられるかが重要です。

NFTの活用方法

改ざんができないという特徴を活かして、さまざまな方法での活用も進んでいます。
2021年9月、ブロックチェーン関連事業を手掛けている株式会社LayerXは、つくば市と共同で「電子投票の実現」に向けた取り組みを実施すると発表しました。
今回の研究では、公職選挙への応用を見据えた「投票の秘密」と回答データの「非改ざん性」を実証することを目的とし、現在実証実験を行っている最中です。

まとめ

どんどん知名度を上げている「NFT」。今後も幅広い分野での活用が期待されています。
次回は、そんな「NFT」に「ECサイト」がどのように関わっていくのか、注目していきたいと思います。


弊社では各種SNSを運用しておりますので、是非ご覧ください!

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    Twitter新機能テスト運用開始!

    2021年10月11日にTwitter新機能のテスト運用が開始さ…

  2. ECサイト

    なりすましを防止する多要素認証(MFA)

    最近では、パスワードだけでなくSMSや顔認証などを使用する「多要素認…

  3. ECサイト

    これからブーム?CBD製品をECサイトで取り扱うには

    アメリカで流行中のCBD製品。合法大麻とも呼ばれてい…

  4. ECサイト

    オンライン接客とは?コロナ禍での販売商法

    感染症拡大の影響により、非接触型のオンライン接客が話題になっています…

  5. ECサイト

    受注から発注まで頼れるシステムOMSとは?

    多店舗展開したら受注から出荷までの業務量が倍になった、なんてことはな…

  6. ECサイト

    新バージョン!EC-CUBE4.1 RCとは?

    EC-CUBE4.1をリリース候補版であるEC-CUBE4.1 RC…

最近の記事

  1. ECサイト

    ECサイト 動画活用
  2. ECサイト

    後払い決済について
  3. SNSマーケティング

    Facebook社名変更由来のメタバース
  4. ECサイト

    ECサイトと相性のいいSNSまとめ
  5. ECサイト

    新バージョン!EC-CUBE4.1 RCとは?
PAGE TOP