ECサイト

 

ツイッター新機能の紹介

140文字の短文を投稿できるアプリ「ツイッター」。
最近では、採用など企業が使うことも多く、さまざまな用途で使われています。そんなツイッターの新機能についてまとめてみました。


スペース


スペースとは、ツイッターユーザー同士が音声を通して交流を楽しめる機能のことです。これまで文字による交流がメインでしたが、新しいスタイルとして注目を集めています。

スペースを作成したユーザーを「ホスト」、ホストにより発言する権限を与えられたユーザーを「スピーカー」、その会話を聞くユーザーを「リスナー」といいます。
初めはフォロワーが一定数を超えていないとスペースが開けない仕様でしたが、現在は公開アカウントであれば誰でも開けるようになっています。

ツイッター内右下の投稿ボタンを長押しすれば出てくるということで、実際に筆者のツイッターで試してみました。(下図参照)
作成もとても簡単で、雑談から勉強会まで幅広い用途で使えそうです。

長押ししたらちゃんと出てきました!

有料チケット制スペース


そんなスペースに、新たに「チケット制スペース」が導入されました。これは、ホスト自身が主催するスペースによって利益を得られるように支援するサービスで、チケットを購入した人だけが参加できます。
チケット制スペースを作成するためにはいくつか条件があります。

  • 18歳以上であること
  • フォロワーが1,000人以上いること
  • すべてのプロフィール情報が表示されていること
  • 過去30日間に3回以上スペースをホストしていること etc…

ホストはチケット料金を1USD~999USDの間で自ら設定でき、チケット収益額からアプリ内での手数料を差し引いた額のうち、最大97%を受け取ることができます。

ソフトブロック


今年の10月に、利用者が「ブロック機能」を使わずにフォロワーを削除できる機能が開始されました。
利用者がツイッター上で誹謗中傷された場合などに、より気づかれにくい形で相手と距離を置くことができます。

「ブロック機能」を使うと、ブロックされた人は相手のツイートが見られないだけでなく、フォローやメッセージの送付ができなくなるなどの制限がかかります。

今回の新しい機能では、フォロワーから削除することで相手に通知が飛ぶこともなく、削除された人もツイート自体は見ることができます。
「ブロック機能」に比べてより緩やかにフォロワーを削除することができるので、英語では「ソフトブロック」と呼ばれており、よりツイッターを安心して使える環境にするための一環だとされています。

自ツイ検索機能


過去のツイートを遡って探したいというときに便利な機能です。
ツイッター社から特に発表されることもなく、いつの間にかできていた新機能として話題を集めています。

プロフィールの右上にある「検索マーク」をクリックし、探したいワードを入力するだけで、そのワードについての投稿が一気に出てきます。
自分だけではなく、他の人のプロフィール上にも同様に出てくるので、気になる人の投稿も簡単に調べることができます。

ただし、Androidではまだこの機能がないとのことで、全ての端末に反映されているわけではなさそうです。
さっそく筆者もツイッターを開いて確認すると、ちゃんとありました。(下図参照)

皆さんもぜひ使ってみてください!

まとめ


従来のテキスト形式だけではなくなり、よりユーザー目線に立って進化し続けているツイッター。
時代に合わせて更新される新機能に、今後も目が離せません。


弊社では各種SNSを運用しておりますので、是非ご覧ください!

ピックアップ記事

  1. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  2. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  3. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  4. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

関連記事

  1. ECサイト

    2021年視聴者数1位の楽天市場に出店する方法

    2021年9月4日から9月11日まで行われているRa…

  2. ECサイト

    ECサイト構築で知っておきたい決済方法 -コンビニ決済-

    ECでは切っても切り離せない存在の決済方法。以前決済サービスの種類を…

  3. ECサイト

    Shopify Editions Summer ’24の目玉機能8選を紹介!

    本記事では、Shopify Editions Summer ‘24 で…

  4. ECサイト

    「NFT」が注目されている理由

    NFT(非代替性トークン)とは?NFTとは「Non…

  5. ECサイト

    ECサイトでの顧客リストの活用法 -MA、SFA、CRMの違い-

    皆さんは「顧客リスト」を活用していますか?ECサイト…

最新の記事

  1. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  4. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  5. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
PAGE TOP