EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

リピーター獲得のためのアプローチ|実践編

新規ユーザーをリピーターにするためには、オンボーディングフェーズと、バリューディスカバリーフェーズが重要な課題です。これには、データ分析や洞察を基にした実践的なアクションが不可欠です。
ここでは、オンボーディングとバリューディスカバリーフェーズの両方に焦点を当て、継続的なユーザー獲得に向けて進化させるためのアクションアイデア(ドライバー)を探ります。

リテンション向上の手法については過去記事をご覧ください。

ドライバーの推測とアプローチ

オンボーディングとバリューディスカバリーフェーズにおいて同様のドライバーが見られる場合、これらを統合的にアプローチすることが最も戦略的なアプローチとなっています。
例えば、あるフィットネスクラスの予約が両フェーズで最も相関が高い場合、この特定のマイルストーンに焦点を当て、ユーザーに対して統合されたアクションを実施してみることで、継続的なエンゲージメントを生み出す可能性があります。

マイルストーンを設置する意味

マイルストーンとは、プロジェクトや目標達成において、重要な節目や達成ポイントを指します。主に時間的な進捗や成果物の完成、特定の目標の達成など、プロジェクトの進行状況を示す上での重要なポイントです。

ユーザーが初期のサービス体験中に重要なマイルストーンを達成することは、継続的なエンゲージメントの礎となります。このフェーズでの成功は、ユーザーがアプリに対してポジティブな印象を持ち、サービスの真価を理解しやすくなるためです。
例えば、アプリの利用を促進するために特別なクーポンやガイダンスを提供することで、多くのユーザーが成功マイルストーンを迅速にクリアできるようサポートします。これは、ユーザーにとって付加価値のある特典や指針を提供することで、アプリの機能や利点を効果的に理解できるようになるメカニズムです。

特別なクーポンやガイダンスを通じて、ユーザーはアプリの中での重要なアクションをスムーズに達成でき、自らの進捗を実感することができます。このプロセスが初期マイルストーンに結びつくと、ユーザーは積極的に参加感を感じ、アプリに対する興味を高めやすくなります。

パーソナライズドなアプローチ

ユーザーごとの異なる嗜好やニーズに合わせたアプローチは、継続的なエンゲージメントを促進する上で鍵となります。パーソナライズドなアプローチを通じて、ユーザーが最も興味を持ち、価値を感じる要素に焦点を当て、特有の魅力的な体験を提供しましょう。

個々のユーザーの行動履歴や好みを分析し、それに基づいて特別なコンテンツや提案を提供することで、ユーザーはアプリが自分にとって本当に役立つものであると感じるでしょう。たとえば、特定のジャンルのコンテンツに関心を示すユーザーには、そのジャンルに関連した新着情報や特別なクーポンを提示するなど、個別の興味に合わせて情報をカスタマイズできます。

このパーソナライズドなアプローチは、ユーザーとの強固なつながりを築くための効果的な手段です。ユーザーが自分らしい体験を得ることで、アプリによって提供される価値をより一層実感し、継続的な利用へとつながります。企業はアプリ内でのユーザーの嗜好や行動に注意を払い、その情報を活かしてターゲットに合わせたコンテンツやサービスを提供することで、ユーザーの期待に応えることができます。

まとめ

オンボーディングとバリューディスカバリーフェーズは、ユーザーを引き込み、長期的なエンゲージメントを築くために不可欠なステップです。
同様のドライバーが存在する場合、統合的なアプローチを取ることで効果的な成果が期待できます。マイルストーンの設定は、初期の成功を通じてユーザーのポジティブな体験を形成し、継続的な関与を促進します。
最後に、パーソナライズドなアプローチはユーザーとの強力な結びつきを生み出し、個々のニーズに合わせた価値提供を実現します。これらの手法を組み合わせることで、企業は積極的で満足度の高いユーザーエクスペリエンスを構築し、競争の激しい市場で差別化を図ることができるでしょう。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  2. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  3. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?
  4. ファネル分析で ECサイトの売上アップ

関連記事

  1. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    実例で学ぶリテンション向上の施策|Amplitude Compassの活用方法

    新規ユーザーのオンボーディングが成功したら、次なるステップはユーザーに…

  2. ECサイト

    これから伸びるEC市場と今行うべきサイト改善

    感染症拡大の影響を受けたこともあり、オンラインショップの利用が急激に…

  3. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    小さな工夫で大きな収益を生む方法とは?|データ主導の成長戦略を紹介

    今回ご紹介するのは、ヨーロッパで人気の写真印刷サービス「PhotoSì…

  4. マーケティング

    メールのレピュテーションとは?-到達率改善のために必要な6つのこと

    前回の記事では、メールがきちんと届かない原因と、到達率につながる「デ…

  5. マーケティング

    復帰ユーザーの「きっかけ」はたった2つだけ

    製品やサービスの成長において、ユーザーの復帰は極めて重要です。しかし、…

  6. マーケティング

    中国のセールが日本に与える影響

    今年も、中国最大のセールイベント『独身の日』が11/11に開催され、ま…

最新の記事

  1. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  2. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  3. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
  4. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  5. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
PAGE TOP