EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

 

リピーター獲得のためのオンボーディングステップ

新規ユーザーを引き込んで、リピーターにするためには、オンボーディングが鍵を握ります。しかし、本当に必要なステップはどのようなものなのでしょうか?
今回は、リテンションマーケティングが初めての方でも迷わずに理解できるように、オンボーディングを成功に導く基本的なステップを紹介します。
データを使ったアプローチで、ビジネスをより成功に導きましょう。

オンボーディングとは

オンボーディングは、新規ユーザーがサービスやプロダクトを初めて利用し始める際に、スムーズで理解しやすい導入体験を提供するプロセスや手法を指します。簡単に言い換えるとチュートリアルのようなものです。

このプロセスが成功すると、ユーザーは製品やサービスの価値を迅速に理解し、その利用を継続する意欲が高まります。
オンボーディングの成功には以下のポイントが重要です。

  • 良好な第一印象を与える
  • ユーザーインターフェースは使いやすくする
  • 製品やサービスの価値を明確に伝える
  • 適切なガイダンスとサポートを含む

これらのポイントを考慮したオンボーディングプロセスは、ユーザーエンゲージメントの向上やリテンション率の向上に寄与します。

オンボーディングステップ例

ステップ1: 使用間隔内で新規ユーザーベースを作成
まずは、オンボーディングの成功の出発点として、一定の使用間隔内でアプリを初めて利用した新規ユーザーコホート(グループ)を作成します。

ステップ2: バリューディスカバリー期間に維持されたユーザーコホートを作成
次に、バリューディスカバリー期間中にアプリや製品を利用し続けたユーザーの成功例を見つけます。ここがオンボーディングを成功に導くヒントになります。

ステップ3: バリューディスカバリーで保持されなかったユーザーコホートを作成
逆に、バリューディスカバリー期間に離れてしまったユーザーも把握します。離脱の原因を理解することが重要です。

ステップ4: 維持と休眠を比較
アプリを使い続けているユーザーグループと、アプリを使わなくなった(休眠)ユーザーグループを比較します。
成功と失敗の違いを見つけ、成功したオンボーディングの特徴を理解します。

ステップ5: トリガーアクションの仮説をたてる
特定された成功の要因から、次に取るべき行動を検討します。これが改善への第一歩となります。

Compass機能を利用する方法

ユーザー行動分析ツールのAmplitudeに入っているCompass機能を使うことで、成功の要因のリストを表示させることができます。Compassは、継続ユーザーがアプリケーションを使用した最初の数日間にどのイベントを実行したかを分析し、そのイベントと継続率の相関関係を数値で算出します。
成功したオンボーディングと最も相関があるユーザーアクションを特定することで、オンボーディングプロセスの改善に役立ちます。

まとめ

オンボーディングの成功を見つけるためには、データを基に具体的なステップを踏むことが不可欠です。
初心者にも理解しやすい手法を用いて、ユーザーを引き込み、ビジネスを成功に導きましょう。 Amplitude Compassを駆使することで、オンボーディングの成功の秘訣を解き明かすことも可能です。

この記事の運営元は
EC-CUBEトップベンダーの
株式会社Refineです。
セキュリティ対策をはじめ、ユーザー行動に基づいたデザイン制作、機能カスタマイズ等、多種多様なECサイト制作を行っております。
事業内容

– EC-CUBE制作支援
– Shopify / Shopify Plus導入支援
– EC特化グロースマーケティング支援
– ECサイト保守・運用

\ 開発実績数500件を突破 /

ピックアップ記事

  1. 商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!
  2. ファネル分析で ECサイトの売上アップ
  3. 5つの業界におけるファネル分析の例とケーススタディ
  4. ECサイト運営で定点観測すべき指標とは?

関連記事

  1. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    リテンションマーケティングの応用方法を紹介

    ユーザーリテンション分析はビジネスの成長と収益の安定化に欠かせない手段…

  2. マーケティング

    スマホタッチで名刺交換!デジタル名刺「リットリンク∞カード」

    プロフィールリンクまとめサービス「Lit.Link(リットリンク)」を…

  3. マーケティング

    消費者行動モデル「DECAX」とは

    コンテンツマーケティング全盛期の今、消費者が購買に至るまでの過程を具体…

  4. マーケティング

    Apple iOS 17の新機能とマーケティングへの影響

    Appleが最新のiOS 17をリリースしました。この新しいバージ…

  5. EC-CUBE×Amplitudeによるグロース

    商品毎の売上トレンドを数クリックで可視化する!

    『商品の売上トレンドを把握する』 売れる EC サイトを運営する上…

最新の記事

  1. ECサイト

    ECカートプラットフォーム徹底比較!EC-CUBEとecforceの違いとは?
  2. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
  3. ECサイト

    EC-CUBEとShopifyの違い -ECサイトの種類-
  4. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-
  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較
PAGE TOP