ECサイト

Amazonペイメントについて

Amazonペイメントとは、Amazon.co.jpのアカウントに登録されている住所情報とクレジットカード情報を使用して、Amazon.co.jp以外のECサイトでも支払いができるようにするペイメントサービスのことです。

Amazonログイン&ペイメントサービスを導入するメリット

利便性
Amazon.co.jpのアカウントを持っていればAmazon.co.jp以外のECサイトでも支払いができるという点。これにより毎回、購入に必要な情報を入力する必要がなくなります。

スピード
購入に必要な情報を入力する必要がないため、最短2クリックでお買い物が完了します。

安心・信頼
初めてのECサイトでの購入は購入者にとって抵抗があるもの。この点をAmazonが保証してくれるので安心・信頼へとつながります。

EC事業者

新規獲得
ECサイトにおいてカート内での個人情報入力ページの離脱率は、60%以上あると言われています。一度は購入を決断し、カート内に商品を入れたモチベーションの高い顧客にも関わらず、個人情報入力ページではそんなにも多くのユーザーが購入を止めてしまっているのです。
ですが、Amazonログイン&ペイメントでは、注文確定画面に会員登録・メルマガ購読のチェックボックスを設けるだけで、お客様情報の入力なしに、会員獲得・メルマガ購読につなげることができ、新規獲得へとつなげています。

CVR改善
EC事業者が会員情報を取得できるので、単発の売上だけではなく将来的な売上にもつながり、その分マーケティングコストを抑えることもできます。

信頼・不正対策
Amazonログイン&ペイメントでは、決済に関する不正監視・取締りを実施しています。アマゾンでは膨大な取引を行っており、その分、不正を防ぐノウハウも蓄積されています。不正取引の発生割合を低減させ、EC事業者が不正対策に割いていた労力を減らすこともできるはずです。

まとめ

EC事業者にとって購入者の購入時の煩わしさを取り除くことが売り上げUPへつながります。Amazonログイン&ペイメントサービスを導入することでその課題解決の方法のれません。購入者の購入しやすい方法を多様に用意することがこれからのECサイト発展を促すことになります。

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    Twitter新機能テスト運用開始!

    2021年10月11日にTwitter新機能のテスト運用が開始さ…

  2. ECサイト

    EC×NFTで次世代ECサイトへ

    NFTシリーズ第3弾!ということで、NFTとECサイトが融合した次世…

  3. ECサイト

    新バージョン!EC-CUBE4.1 RCとは?

    EC-CUBE4.1をリリース候補版であるEC-CUBE4.1 RC…

  4. ECサイト

    ECサイトが繋がらなくなったときにやるべきこと

    先日Refineにアーティストグッズを扱う会社様から「とにかく負荷に…

  5. ECサイト

    Shopifyで連携できるCRM -Salesforce Sync-

    ECサイトの顧客情報と営業管理ツールが連携したらいいな。そんな希望を…

  6. ECサイト

    ECサイト構築で知っておきたい「チャージバック」

    ECサイトの支払いで、一番利用されているクレジットカード決済。便利な…

最近の記事

  1. SNSマーケティング

    企業Twitterの活用方法と事例
  2. マーケティング

    EC企業におけるDXの市場とデータ
  3. SNSマーケティング

    SNSの消費者行動モデル - VISAS / SIPS / ULSSAS …
  4. ECサイト

    ECサイトでの顧客リストの活用法 -MA、SFA、CRMの違い-
  5. ECサイト

    ShopifyとEC-CUBEの違い -仕様の差-
PAGE TOP