投稿

DDoS

Googleが、DDoS攻撃からサイトを守る「Project Shield」を発表

Googleが10月21日に、小規模グループに向けたDDoS攻撃軽減対策「Project Shield」を発表されました。
これにより、コンピューターのサーバーに大量のデータを送りつけて、つながりにくくする悪意のある、あらゆる大規模な攻撃からもWebサイトを保護し、サイトが落ちないよう支援される攻撃軽減サービスとなっているようです。


まるでATフィールドのようですね。あらゆる攻撃からも防御されそうですね。

「Project Shield」は、”Googleが開発したDDos攻撃軽減技術”と”最適化によりサイト表示を高速化する技術「Page Speed Service」”を組み合わせて「Google Ideas」の一部として提供されるサービスで、完全なDDoS攻撃対策ではないですが、Google独自のインフラを利用することによってDDoS攻撃から防御できるとされています。
またニュースを提供するメディア、人権団体や政治や選挙関連のコンテンツを提供する団体を対象で招待制でテスターも募集しているようです。

同時に、米Arbor Networksと協力により、DDoS攻撃の状況をリアルタイムで視覚化できる「Digital Attack Map」を公開されています。
とま〜難しいことが書いてありますが、このサービスが開始することにより、世界中で仕掛けられているDDoS攻撃の攻撃元と攻撃先、規模などを目で見て確認できるようになりました。

無料で提供されると、助かりますよね。
今後の情報に期待して、また随時お知らせ致します。