ECサイト

これからは個人の時代?D2CとP2Cの違いとは

今まではメーカーから卸、小売店を介する販売形態だったのに対して、ECサイト普及により、D2CやP2Cというビジネスモデルが誕生しました。
今回は、D2CとP2Cについてお話ししていきます。

D2CとP2Cの違い


D2Cとは

D2Cとは「Direct to Consumer」の略称で、企業がECサイトなどで直接顧客に自社商品を販売すること。
ECサイトが普及する前は「メーカー→卸→小売店」の流れで商品が流通していました。
しかし、最近では実店舗を持たずに、ずべてECサイトやSNSなどを通じて販売し。販促や顧客とのコミュニケーションもすべてネット上で完結するのが一般的になってきました。

P2Cとは

P2Cとは「Person to Consumer」の略称で、個人が直接顧客に商品を販売することです。
一個人がオリジナルの商品やサービスを構築し、SNSやブログ、メールマガジンやオンラインサロンなどを通じて、そのブランドや商品への思いやこだわりを発信しながらネット上で直販します。

それぞれの違い

D2Cとの違いは企業が販売するか個人が販売するかという点。
企業の力で顧客へブランド訴求から販売まで行うのか、個人の力で行うのかの違いがあります。

それぞれの共通点

D2CとP2Cの共通点は、「ECサイトを通じて直接販売している」という点。
店舗を持たずともネット上で商品やサービスの販売が可能になったことで派生しています。

P2Cの注目度が上がっている


「個人で稼ぐ時代」と言われている今、個人の発信力が大きな力になる時代になったことで、P2Cの注目度が上がっています。
また、インターネットやSNSの普及によりネット上で発信力のある存在はインフルエンサーと呼ばれ、企業や個人の隔たりなく活躍するようになりました。
個人も企業も同じ土俵で戦えるネット上の環境がP2Cというビジネスモデルの始まりとも考えられています。

成功事例


D2C

Mr.CHEESECAKE

D2C成功事例としてよく取り上げられているMr.CHEESECAKE。
もともと人気レストランのシェフだった代表田村浩二さんが作ったチーズケーキをInstagramに載せたことが始まりでした。
販売はオンラインのみで個数も限定で入手が難しいことから「幻のチーズケーキ」と呼ばれています。

InstagramなどのSNSでは、オンラインのみで個数限定というブランドの特徴から、購入方法や質問などを丁寧に紹介しています。
こうしたブランド構築やおもてなしができるのはD2Cの強みと言えるでしょう。

P2C

RICAFROSH

人気モデルの古川優香さんプロデュースでローンチし、成功を収めたコスメブランドのRICAFROSH。
注目すべきは古川優香さんのネームバリューに頼り切るのではなく、本人が心から納得する商品を作り、ファンに届けられるようにしたこと。
ビジネスサイドが商品の特徴等の情報を発信することを控えて、古川優香さんとファンとの交流の延長線上でブラントを知ってもらえるようにしました。
例えば、古川優香さんの誕生日にサプライズとしてRICAFROSHをローンチしたのは、その戦略のひとつです。

これにより、広告は一切せずリアルな情報発信を追求してブランドの認知をとっています。
D2Cに比べ、消費者とより密接なコミュニケーションが取れることがP2Cの強みと言えるでしょう。

まとめ


今回は、D2CとP2Cについてお話ししていきました。
次代の流れによって変動するするビジネス。
自社商品に適した販売方法はどんなものなのか見極めるためにも、EC事業者が今はどんな販売モデルが主流なのかを知ることはとても大切です。

次代の流れに合ったビジネスモデルを知り、自社商品に適した販売手法を考えていきましょう。


Refineは上級SNSエキスパート検定資格保持者が在籍しています。SNS運用に関するお悩みやECサイト構築の相談など、お気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちら

お問い合わせはこちら

SNSもやっているので、フォローよろしくおねがいします!

【Twitter】
https://twitter.com/Refinecorp

【Instagram】
https://www.instagram.com/refine_corp

【TikTok】
https://www.tiktok.com/@refineofficial

【Firework】
https://fw.tv/refineofficial?uid=208579128

ピックアップ記事

  1. BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

関連記事

  1. ECサイト

    ECサイト運営者がすべき見込み顧客の集め方

    「商品に興味はあるけど購入にはいたらない」そんな見込…

  2. ECサイト

    EC業者が知らないとまずい!3Dセキュア2.0

    キャッシュレス化が進む現代で欠かせないのがセキュリティ。中でもEC決…

  3. マーケティング

    AIDMA(アイドマ)AISAS(アイサス)の法則について

    ビジネスシーンでも聞く機会が多い「AIDMA(アイドマ)」と「AISA…

  4. ECサイト

    購買率を高める!レコメンドエンジン

    実店舗スタッフに趣味嗜好のヒアリングを受けて、自分好みの商品を提案され…

  5. ECサイト

    ECサイト、何でつくる?ECプラットフォーム別費用比較

    これからECサイト構築される方も、現在ECサイトを運営されている…

  6. ECサイト

    EC×NFTで次世代ECサイトへ

    NFTシリーズ第3弾!ということで、NFTとECサイトが融合した次世…

最近の記事

  1. マーケティング

    中国のセールが日本に与える影響
  2. ECサイト

    2021年視聴者数1位の楽天市場に出店する方法
  3. SNSマーケティング

    Facebook社名変更由来のメタバース
  4. マーケティング

    AIDMA(アイドマ)AISAS(アイサス)の法則について
  5. SNSマーケティング

    ECサイト誘導に適したInstagramのショッピング機能
PAGE TOP