list-cather

見込み客リスト取得「LIST CATCHER(β版)」オープンしました。

http://list-catcher.com/

BtoBのビジネスを成功させる上で、見込み客リストの収集は、とても重要です。
あたらにマーケットを作るのは、弊社もいろいろ試行錯誤しながら行ってますが、日々の業務に追われてなかなか、新しいマーケットを見つけるのは厳しいのが現状です。

見込み客、見込み客リストを収集したあとのツールは、この世の中にはたくさんありますが、肝心のリストを収集するツールはあまりありません。

iタウンページなどの情報は、古かったりもしますしね。

そこで、試験的に、弊社でGoogleローカルの情報を「キーワード」と「地域」でリスト化するWEBサイトをオープンしてみました。
現在は無料で利用ができます。検索結果には、会社名と住所、電話番号、グーグルローカルのURLを取得するようにしました。
さらに、画面だけで操作するのは大変かと思ったので、検索結果をそのままCVSでダウンロードして、ご自身のリスト作成にも活用できます。

使い方は、とてもシンプルです。


 

1:キーワードと地域名を入力する

検索ワードと地域名を入れる


2:検索結果を確認する


List-catcher 検索結果


3:検索結果をCSVをダウンロードする

List-catcher CSVダウンロードボタン

さらに、緑色のCSVダウンロードボタンを押すとCSVがご自身のパソコンにダウンロードされます。
現在はβ版になりますので、不具合などありましたら、教えていただけると幸いです。
新しい見込み客の開拓にお役に立てれば♪

「List Cather」に関するお問い合わせは、こちらよりお願いします。

 

Google

グーグルローカルビジネスを効果的に使用してみる

SNSのバージョンアップはどんどん行われるのですが、グーグルページを作成後に、グーグルローカルビジネスのページもグーグルページのような使い方ができるようになってます。

そんなこと知ってるよ!という方はスルーしてください。

弊社のグーグルローカルページは→https://plus.google.com/+RefineJpMainOffice/

最近のグーグルの検索エンジンは、過去のものと違いコンテンツキングと言われており、ユーザーに適したページなのかを判断し、ひと昔前のバックリンク(被リンク)さえ貼ってれば順位があがるようなことはなくなりました。

グーグルページ(グーグルローカルビジネス)はSNSの要素が強いので、コンテンツの追加にわざわざホームページ制作会社にいらいせず、お客様のほうで更新やお知らせなどが可能です。
しかも、無料で使えます。

弊社も最近、検索順位が落ちてきてますので、(自社サイト放置中。。。)グーグルページをうまく活用しながら、検索エンジンと仲良くしていきたいと思います。

そいうわけで、まだフォローされてない方は、ぜひ
https://plus.google.com/+RefineJpMainOffice/フォローしてサークルに入れてください。

facebookページより先に、有益な情報を掲載していきたいと思ってます。あくまでも目標。

wp0120

ECCUBEのブロックをWordPressに表示させる方法(ノンプログラマー向け)

最近の案件では、ECCUBEとWordpressを両方をつかう案件が増えております。
コンテンツ系のページの作成はWordpress
ショッピング機能は、ECCUBE
です。

以前のECCUBEのバージョン、プラグインに対応する前は、PHPをインクルードさせるだけでわりかし簡単に出来たのですが、
その方法を使用すると、SC_プラグイン系のDBエラーが出ることが多々あります。

そこまで調べる時間がない!とか、自分の範疇ではない!ということで、デザイナー/コーダーさん向けの方法と自分への備忘録のために記しておこう!ということです。

WordPress側

ECCUBE側

ブロックの内容

これでWordpressにECCUBE側のHTMLソースをインクルード(この言い方があってるかわかりません)させることができます。
といってもソースを表示させるにも、限界があると思いますので、やはりECCUBEもWordpressも連携できるようにカスタマイズしたほうがおすすめっちゃおすすめですよね。

DDoS

Googleが、DDoS攻撃からサイトを守る「Project Shield」を発表

Googleが10月21日に、小規模グループに向けたDDoS攻撃軽減対策「Project Shield」を発表されました。
これにより、コンピューターのサーバーに大量のデータを送りつけて、つながりにくくする悪意のある、あらゆる大規模な攻撃からもWebサイトを保護し、サイトが落ちないよう支援される攻撃軽減サービスとなっているようです。


まるでATフィールドのようですね。あらゆる攻撃からも防御されそうですね。

「Project Shield」は、”Googleが開発したDDos攻撃軽減技術”と”最適化によりサイト表示を高速化する技術「Page Speed Service」”を組み合わせて「Google Ideas」の一部として提供されるサービスで、完全なDDoS攻撃対策ではないですが、Google独自のインフラを利用することによってDDoS攻撃から防御できるとされています。
またニュースを提供するメディア、人権団体や政治や選挙関連のコンテンツを提供する団体を対象で招待制でテスターも募集しているようです。

同時に、米Arbor Networksと協力により、DDoS攻撃の状況をリアルタイムで視覚化できる「Digital Attack Map」を公開されています。
とま〜難しいことが書いてありますが、このサービスが開始することにより、世界中で仕掛けられているDDoS攻撃の攻撃元と攻撃先、規模などを目で見て確認できるようになりました。

無料で提供されると、助かりますよね。
今後の情報に期待して、また随時お知らせ致します。

Tab Do 全く新しいSNS

無限に更新される雑誌のように眺めていくことで、あなたが興味をひかれる楽しい情報にふと出会うことができます。それを気軽に “tab” = お気に入りに入れておくことで、新しく出会った情報を忘れないようアーカイブ化し、近くに行った時には iPad版 や iPhone版(7月公開予定)からリマインドされ、実際に行動へ繋げることができます。

まずは気軽にコンテンツを眺めて、お気に入りを tab に入れるところからスタートしてみましょう。

Google パンダアップデート

米Googleは7月17日(現地時間)、質の低いサイトの検索順位を下げ、検索結果を向上させるための検索アルゴリズムの変更である通称「Panda Update(パンダアップデート)」を日本語版と韓国語版でも開始したと公式Twitterで発表しました。

この変更で、最大5%のクエリーが影響を受けるとしていますが、皆様のサイトは、大丈夫でしょうか?

コンテンツ重視のアップデートになりましたので、もう一度それぞれのページのコンテンツの確認をしてみては、いかがでしょうか?

ワードプレスでマッチングサイト制作

マッチングビジネスで新規参入

オープンソースのワードプレス(WordPress)を使用してBtoB、BtoCのマッチングサイトを構築。プラグインでの提供可能。ワープレのマルチサイト機能を使用して構築

■マルチサイト機能を使用
■SEO管理
■複数お問い合わせ、一括見積もり 件数の設定が可能
■ユーザー登録 Facebookログイン
■ユーザーマイページ
■加盟店登録
■加盟店マイページ
■管理者入金チェック、クレジットカード支払い機能 
■検索機能 カテゴリ登録、ステータス登録が自由に可能
■レスポンシブデザインでスマートフォンも対応
■Facebookページ自動アプリ化機能つき

すべての機能を有料プラグインで販売致します。
デザイン費用:315,000円〜
加盟店マイページデザインテーマ:5セット付き
プラグイン販売のみ:210,000円
バージョンアップ対応月額保守/機能バージョンアップ:15,750円(月額)
専用SSL設置:年額21,000円

弊社指定のサーバをご利用いただきます。(トラフィックによりますが、月額980円のVPSサーバ)

詳細、お見積もりに関しては、お問い合わせ下さい。
https://www.re-fine.jp/contact/