2016fw

明けましておめでとうございます!ゴールドパートナーになりました!

新年明けましておめでとうございます。
本年も株式会社Refineをどうぞ宜しくお願いします。

さて、新春でニュースがあります。
めでたく、EC-CUBEの公式パートナーランクが、ブロンズからゴールドにランクアップしました!
ありがとうございます。

EC-CUBEの開発をし続けて8年目を迎えて、やっと目指してるところまで到達しました。
今後は、よりより通販カートシステムの開発を目指して、結果に結びつく開発、運用を目指していきたいと思います。

おかげさまで、上場企業様との取引も増え、会社としては、とても順調です。
これもひとえに、弊社Refineとおつきあいさせていただております、クライアントの皆様のおかげだと思ってます。

この新しい気持ちを忘れずに、今年1年さらに飛躍させていただきたいと思ってます。
引き続きよろしくお願い致します。

株式会社Refine 代表取締役 大塚和男

article2

BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)

弊社制作実績の「シャショクラブ」(株式会社Retry様運営)が、EC-CUBE開発元の株式会社ロックオンが運営する「ネットショップの壺」にて、インタビューを受けました。

ビジネスモデルの市場を考える上で、「BtoB」や「BtoC」といった形式が一般的ですが、それとは違う新たな市場のモデルが出来てきました。その市場モデルが「BtoE」です。

BtoEとは、Business to Employeeの略で、企業の雇用者、つまり社員を対象としたサービスです。このサービス形態は、3者それぞれメリットを享受できる三方よしの関係が生まれています。

■メリット
サービス提供側    :会社の従業員が対象のため、囲い込みが容易
サービスを受ける会社 :福利厚生のレベルを簡単に引き上げることが可能
サービスを受ける従業員:働きやすさ、職場環境満足度の向上

続きは こちら

eccube3

ECCUBE3 決済プラグイン(決済モジュール)リリース情報

2015年7月1日ついに、ECCUBEのメジャーアップグレードがありました。
ECCUBE3系の登場です。
これまでの独自のフレームワークから脱却して新しいものに完全に生まれ変わりました。

 

ソースをいじくっている我々開発からすると、全く別物のオープンソースに変わった感じがします。
楽器で例えてみると、音楽の基礎はあるとしても、ギターからバイオリンにいきなりパートチェンジするぐらいかな? というくらい別物になった感じです。

 

技術者レベルの話をしてもお客様には全く関係ないかと思いますが、ちょこちょことECCUBE3系にリニューアルしたいというお客様からの問い合わせが増えてきてます。

 

今から新しくECCUBEを導入し、リリースが10月〜11月頃をというお客様には、諸々説明した上で、メリット、デメリットを理解していただいた上で、ECCUBE3系の導入をオススメしております。

 

一番の気になる箇所はやはり決済廻りのプラグイン(決済モジュール ※ECCUBE3系からプラグインと呼ぶ)でしょう。
というわけで、ECCUBEの代表的な決済モジュール会社(オーナーズストアで公開してる)1社ずつ電話して、リリース状況を聞いてみました。(迷惑な会社ですよねw)


決済代行会社リリース日
ECCUBEペイメント(GMO)すでに提供済み(導入時は個別に連絡)
ベリトランス株式会社10月頃リリース予定
ソフトバンクペイメント9月頃リリース予定
後払いドットコムプラグインの提供は今後なし(個別対応OK)
その他各社未定

といわけで、未定とお答えの各社様は、おそらく水面下で開発はしていると思います。

また、リリース予定とお答えの各社も開発途中でリリースが遅くなるかもしれませんので、この辺りはあくまでも参考までに。

index

EC-CUBEの公式パートナーランクアップしました!

2015年5月よりEC-CUBEの公式パートナーがブロンズからシルバーにランクアップしました。
今後もネットショップの制作に力を入れていきたいと思いますので、皆様お気軽にお問い合わせ下さい。

1503silver_banner01


また、弊社ではPHPプログラマーやECサイトの管理をしていただけるWEBアシスタント(アルバイト可)も募集しております。
勤務地は、あの「柏の葉KOIL」です。
詳細は → こちら

次回はさらにランクアップ目指していきます!!

ECCUBE専用HELPサイト   ECCUBE HELP ME

EC-CUBEの話(2) マスターデータを利用したお問い合わせフォーム

こんな使い方!

お問い合わせフォームの項目で、項目内容の変更が頻繁にある場合など、いちいちソースを書き換えるのは面倒くさいです。
そんなときは、マスターデータに登録してしまいしょう。

例)セミナーの申し込みなどは、申し込み日が過ぎると次回の申し込みフォームに流用するこもあり、日程などの書き換えはマスターデータでできるようにしちゃう。


改修するファイル

1. マスターデータのテーブルにデータの追加
2. phpファイルの改修
3. テンプレートファイルの改修 PC版の入力ページ/確認ページ SMP版の入力ページ/確認ページ
4. メールテンプレートの改修
5. テストをして動作の確認をする


マスターデータにテーブルの新規追加

簡単なやり方な場合は、mtb_jobs の定義だけを拝借して、コピー。
今回は、contact_day というテーブル名で追加します。

この時点で、管理画面の
システム設定>マスターデータ管理 のプルダウン項目に contact_day というのが表示されます。
中をみても、データ自体は、まだ入力してないので、空です。
IDと値を入れていきましょう。

完成の図!
マスターデータ追加


phpファイルの改修

/data/class/pages/contact_entry/LC_Page_Contact.php
まずは、マスターデータの読みこみを

$objFormParam->addParamに
入力フォームのチェックを追加

ひとまずPHPはこれでOK


テンプレートファイルの改修

入力画面

基本的に今回はPC版だけです。
/Smarty/defult/contact/index.tpl
に追加します。

今回は、セレクトボックスでもなく、ラジオボタンでもなく、一番苦手な、チェックボックスで表示します。
※カスタマイズするときによく使う技!デバックを出す方法

これをテンプレートの一番上に記述しておきます。
そうすると、Debug文が表示されて現在のmtb_contact_day の値が表示されます。

マスターデータの項目を表示されるソース

表示の図
マスターデータ追加時のフロント側入力ページ

確認画面

/Smarty/defult/contact/confirm.tpl

入力画面で入力した項目を今度は表示させます。


メールのTPLに表示

お問い合わせフォームのメールテンプレートに新しく追加した項目を表示

これで、メールテンプレートにも表示がされます。


まとめ

これで無事に設定は完了です。
更新頻度が高い場合は、ぜひマスターデータに情報を登録して、管理画面上から簡単に更新できるようにすることができるのもEC-CUBEの魅力です。
みなさんもぜひやってみてください。

EC-CUBEの話(2) マスターデータを利用したお問い合わせフォーム

こんな使い方! お問い合わせフォームの項目で、項目内容の変更が頻繁にある場合など、いちいちソースを書き換えるのは面倒くさいです。 そんなときは、マスターデータに登録してしまいしょう。 例)セミナーの申し込みなどは、申し込 … Read more

wp0120

ECCUBEのブロックをWordPressに表示させる方法(ノンプログラマー向け)

最近の案件では、ECCUBEとWordpressを両方をつかう案件が増えております。
コンテンツ系のページの作成はWordpress
ショッピング機能は、ECCUBE
です。

以前のECCUBEのバージョン、プラグインに対応する前は、PHPをインクルードさせるだけでわりかし簡単に出来たのですが、
その方法を使用すると、SC_プラグイン系のDBエラーが出ることが多々あります。

そこまで調べる時間がない!とか、自分の範疇ではない!ということで、デザイナー/コーダーさん向けの方法と自分への備忘録のために記しておこう!ということです。

WordPress側

ECCUBE側

ブロックの内容

これでWordpressにECCUBE側のHTMLソースをインクルード(この言い方があってるかわかりません)させることができます。
といってもソースを表示させるにも、限界があると思いますので、やはりECCUBEもWordpressも連携できるようにカスタマイズしたほうがおすすめっちゃおすすめですよね。

20120606

PR:ECCUBE 2.12 プラグイン!第一弾

先日、ECCUBE2.13がリリースされました。

弊社Refineは、インテグレートパートナーとして、あまりECCUBEには、表立って貢献していなかったのですが、今回は、プラグイン提供ということで、3つほど開発しましたよ。

■Facebookコメント欄追加

ただ単に、商品詳細のユーザーコメント欄にFacebookのコメント欄を追加できるプラグインなのですが
とくに難しいことは、してません。。。。

にたようなことを今考えていて、「この商品をTwitterでつぶやく!」ってのもリリースする予定です。
弊社で開発するECCUBEには、お客さんから希望されたら、つける機能なのですが、まープラグインで
出来たら便利かな!って思ってます。

プラグイン詳細はここから

そうそう!僕は、プログラムは書けません。ロジックを考えたりするのは、得意なのですが、
デザイナーでもあり、コーディングがメインです。

Twitterのプラグインを作るときに、ここのプログに作り方を書きたいと思いますので
楽しみにしててくださいませ!!
デザイナーさんでも作れる簡単なプラグインかと思いますので、参考にしていただければと思ってます。

eccubeカスタマイズ

ECCUBE お問合せフォーム項目の追加方法

ECCUBEには、お問合せフォームが標準で実装されていますが、用途によっては項目の追加が必要になる場合があります。

その場合は、以下のファイルを改修するだけで、実装が可能。

/data/class_extends/page/contact/LC_Page_Contac.php

を元に /data/class_extends/page_extends/contact/LC_Page_Contact_Ex.php を作成して、追加したい項目をコピペ

テンプレート(PC版)
/data/Smarty/templates/default/contact/index.tpl
/data/Smarty/templates/default/contact/confirm.tpl

送信用テンプレート
/data/Smarty/templates/default/mail_templates/contact_mail.tpl

に追加した項目を実装して完了です。

sp_2

スマホユーザーのECサイト利用について!

近頃スマホユーザーが増えてきましたね!
ほとんどの方がスマホを利用しているのではないでしょうか?

   スマートフォン普及率の予測(資料出典:MM総研)

グラフのようにこれからもスマホ利用者が増えて行くと予想されています。

スマホの普及とともに、スマホからECサイトを利用してネットショッピングをする方も増えてきています。
PCとは違い、いつでも気軽にインターネットが利用できることから、ちょっとした時に商品を検索したり、購入したりできますが、商品がよくわからなかったり、複数商品の比較がしにくかったりします。

「スマホで閲覧はするけど、商品画像や細かい仕様などじっくり確認してからでないと不安!恐い!」といったことからPCからよく確認してから購入する方もいるようです。
また、「複数製品を広く比較したいときはPC、買うものが決まっているのならスマホ」といったように事前に商品確認をしてからならといったようにPC、スマホを活用する方もいます。

商品の画像や詳細などがよくわからないと購入するのに勇気がいりますよね。
スマホでのECサイト利用において満足している点を見ると「購入までの流れが簡単」や「商品検索がしやすい」といった点、簡単に商品を見つけやすく、簡単に購入できる「シンプルさ」がサイト構成面において非常に重要になってくると思われます。

現在、私が担当してるクライアントさんのECサイトも8割がスマフォからの購入です!!

【超簡単】ソーシャルボタン設置 / SocialButton

img1

EC CUBE2.12 プラグイン開発合宿に参加しました。

2012年4月14日〜15日 株式会社ロックオン主催の「EC CUBE 2,12 プラグイン開発合宿」に参加してきました。

5月下旬にリリース予定のEC CUBE2.12 は、なんとワードプレスでは、よく使われている「プラグイン」機能が、あります。

ソーシャルメディア(Facebook)を活用してる弊社では、EC CUBEの商品詳細ページでの、ユーザーレビュー機能に「Facebookコメント欄」を簡単に実装できるプラグインを開発致しました。
FTPに接続して、TPLを触ることなく、プラグインの追加のみで設置が可能なのですが、FacebookアプリIDの入力や、コメント欄の表示件数の設定、コメント欄のレイアウト幅に合わせた横幅の設定もできるようにしてあります。

現在、皆様が見ているこのページは、ワードプレスを使用していますが、↓↓↓にもある、このコメント欄です!
今後もソーシャルメディア(Facebook)とのWEBサイトとの連動は、重要になってくると思いますので、引き続き、皆様のお役に立てれるようなプラグインの開発に力を注いでいきたいと思います。

EC CUBE 公式「EC-CUBE‐EC-CUBE2.12プラグイン開発合宿in東京」
http://www.ec-cube.net/events/201204plugin.php